忍者ブログ
ベンジャミンフルフォードからのメッセージ
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年06月06日

Benjamin Fulford geo-political news 4 June 2013

Financial war escalates with riots in Turkey, a blockade of European Central Bank, assassinations and arrests amid clouds of disinformation

 金融戦争はトルコの暴動と共に拡大する。欧州中央銀行の封鎖、デマが飛び交う中での暗殺及び逮捕。


 Last week multiple high level sources all confirmed an intensifying battle for control of the global financial system and thus the future of humanity.

 先週、多方面からのハイレベルな情報筋全てが世界規模の金融システムの支配、即ち、人類の将来をめぐる戦いが激化することを確証した。

 In the public sphere this is appearing in the form of riots in Turkey, blockades of the European Central Bank
and massive global protests against Monsanto among other things.

 公の場でも、トルコにおける暴動、欧州中央銀行の封鎖、そして特にモンサントに対する大々的な世界規模の抗議という形となって顕在化している。

 Under the surface there has been a rash of intrigues, arrests, threats and counter-threats.

 水面下では、陰謀、逮捕、脅迫、またそれに対する脅迫等が多発している。

 New alliances have also been reached between previously opposing forces, according to multiple high level sources.

 同筋によると、新しい同盟国は既に対立する勢力との距離を縮めた。


 In Asia, China, South Korea, Japan and the United States have all agreed on forcing regime change in North Korea, according to a senior Chinese government agent.

 中国政府諜報員上層部によるとアジアでは、中国、韓国、日本及びアメリカ合衆国全てが、北朝鮮における政治体制を変えることに同意した。

 This was confirmed by a gnostic Illuminati grandmaster and Russian FSB agent who said that Kim Jong-un would have to be removed.

 それは、イルミナティ・グノーシス派のグランドマスター及びロシアのロシア連邦保安庁FSBの諜報員が、
金正恩が追放されるべきとの意見によって確証を得た。

 The North Koreans, now run by an elderly general, want peace.

 北朝鮮人民は現在、年配の将軍によって統治されており、平和を望んでいる。


 In the Middle East, meanwhile, apart from the riots in Turkey and Russian troops in Syria, there were separate assassination attempts in Iran against President Mahmoud Ahmajidenad and his ally Saeed Jalili,
according to the Mossad linked site Debka.

 一方、モサドにリンクされているデブカのサイトによると、中近東ではトルコにおける暴動及びシリアにおけるロシア軍の他に、イランにおいてマフムード・アフマディーネジャード及び彼の同志であるサイード・ジャリーリーに対してそれぞれ暗殺の試みがあった。


 There are also 11 members of the One People’s Public Trust, the people behind the so-called galactics pushing for their version of a new financial system on the run from both hitmen and law enforcement agents in Ethiopia, according to a CIA source.

 CIAによると、一つになった公共信託の11人のメンバーもいる。彼らは、いわゆる銀河系軍団と呼ばれる集団の人々で、エチオピアにいる殺し屋及び法の執行者の双方から遠ざかる新たな金融システムの形態を推し進めようとしている。

 A senior Italian P2 Lodge member says the people in Ethiopia are there in an effort to find the “original Ark of the Covenant.”

 イタリアのP2ロッジの上級メンバーが言うには、エチオピアの人々はそこで”本物の契約の箱”を見つけようと努力している。

 At least both sides agree that there is some form of high level intrigue going on in Ethiopia of all places.

 少なくとも、エチオピアの全ての場所で行われているハイレベルな計略の形態がいくつかあることは、双方で意見が一致している。

 We will try to find out more next week.

 我々は来週更に見つけ出そうとするであろう。


 Meanwhile, a member of the Dragon family came forth this week to provide some background.

 一方、ドラゴンファミリーのメンバーがいくつかのヒントを与えようとして、今週現れた。

 The man who goes by the name Count Albert but insists he is not the fraudulent “Count Albert Zvonko Berdik” sent by the Federal Reserve Board to Hong Kong a while ago.

 カウント・アルバートと名で通ってる人が、”カウント・アルバート・ズボンコ・バーディック”という名前は嘘ではないと言っているが、少し前に米連銀によって香港へ送られた。

 According to him, the Dragon family goes back 3400 years and is headed by a single individual going by the code name M1.

 彼によると、ドラゴンファミリーは3400年前までさかのぼると、M1という名の人に率いられた。

 He says the Dragon family has now formed an alliance with the Five Star Trust run by the non-Bush part of the CIA.

 彼が言うには、ドラゴンファミリーは現在CIAの非ブッシュ派によって指揮されたファイブスタートラストと同盟関係を形成している。


 He also says that China has already started to use new energy technology to turn the desert regions of China green.

 また、中国が既に砂漠地帯を緑地に変えるために新エネルギー技術を使い始めた。


 In any case, what Count Albert says fits in with claims by Chinese, Russian and British Agents about high level anti-cabal moves around the world.

 何れにしても、カウント・アルバートの話は世界を取り巻くハイレベルな反陰謀団の動きについて、中国、ロシア及びイギリスの諜報局による主張と一致する。


 In the Anglo Saxon world, for example, there is a push to remove politicians believed to be Sabbatean agents.

 例えばアングロ・サクソンの世界では、サバタイ派工作員であると信じられている政治家を排除する動きがある。

 In particular Australian Prime Minister Julia Gillard is under criminal investigation,

 とりわけオーストラリア首相、ジュリア・ギラードは犯罪捜査中である。


 http://theredandtheblue.org/2013/04/23/awu-the-question-of-whether-julia-gillard-is-under-criminal-investigation/


 Canadian Prime Minister Stephen Harper is charged with stealing his last election

 カナダ首相、ステファン・ハーパーは直近の選挙で不正をはたらき、起訴されている。


 http://www.presstv.ir/detail/2013/05/25/305314/confirmed-canada-2011-polls-fraudulent/


 and British Prime Minister David Cameron is under attack for involvement in war crimes among other things.

 そしてイギリスのデビッド・キャメロンはとりわけ戦争犯罪への関与のため非難の的となっている。


 http://www.dailymail.co.uk/news/article-2333649/Cameron-Blair-grubby-deal-censor-Iraq-inquiry-Key-evidence-held-return-ex-PMs-neutrality-election-claims-foreign-secretary.html


 There is also a still festering sex scandal in the UK that has embroiled 81 BBC staffers but has yet to reel in any politicians.

 イギリスでは、BBCの職員81名を巻き込んだ悪化するセックススキャンダルもあるが、これは政治家に対しても行うべきである。


 http://www.dailymail.co.uk/news/article-2333723/Sex-abuse-claims-81-BBC-staff-reported-wake-Savile-scandal?half-work-corporation.html


 However, it is just a matter of time before politicians start coming down like dominoes, the MI5 source says.

 しかしながら、政治家達のドミノ倒しが始まるのは時間の問題だ、とMI5は言う。


 There is also a renewed push to remove Rockefeller front man Obama from the US presidency,
according to multiple US agency and military sources.

 また多くのアメリカ諜報局及び軍によると、ロックフェラーのスポークスマンであるオバマを大統領の地位から引きずりおろし、交代させる取り組みもある。

 At the recent national conference of Sherriffs, for example, it was proven that
that the only birth document Obama has ever publicly prevented is a fraud.

 例えば最近の司法官の会議において、公開を妨げられたオバマの出生文書だけが不正であることが立証された。

 Here is a summary of the evidence as sent to me a while back by Dr. Michael Van de Meer in what turned out to be his last e-mail to me before he was killed:

 少し前にミカエル・ヴァン・デ・ミーアから私に送られてきたものとして、証拠の概要がここにある。
それは彼が殺される前の私への最後の電子メールであることが解った。


 Now, I couldn’t care less about the President’s Birth Certificate, which was a story first dredged up by Hillary Clinton during their bitter Presidential campaign.

 現在、私は大統領の出生証明書なんて気にしない。それは厳しい大統領選挙キャンペーンでヒラリー・クリントンによって、予めでっち上げた話だからだ。

 However, since the White House has made such a ridiculous display of claiming to produce it, please read this over and tell me what you think.

 しかしながら、ホワイトハウスがそんなばかげた選挙活動を繰り広げたので、どうかこれを最後まで読んで、
あなたの意見を聞かせて欲しい。


 If you honestly think this is just plain stupid, then point out why these 4 questions shouldn’t matter. I’ll wait….

 もしあなたが本当にこれはくだらないと思うのなら、次の4つの疑問がどうでもいい理由を指摘して欲しい。


 ?1. Back in 1961 people of color were called ‘Negroes.’

 1.1961年までさかのぼると、有色人種は’ネグロ’と呼ばれた。

 So how can the Obama ‘birth certificate’ state he is ‘African-American’ when the term wasn’t even used at that time?

 オバマの出生証明書が、例えその用語が使われなくても、彼が’アメリカ黒人’であることをどう説明するのか?

 The correct term would be “Malado” one black parent, one white parent.

 正しくは父親が黒人、母親が白人の”ムラート”だ。


 2. The birth certificate that the White House released lists Obama’s birth …as August 4, 1961  It lists Barack Hussein Obama as his father.

 2.ホワイトハウスが公開した出生証明書では、オバマの誕生日は1961年8月4日となっている。それは彼の父親であるバラク・フセイン・オバマのものだ。

 No big deal, right? At the time of Obama’s birth, it also shows that his father is aged 25 years old, and that Obama’s father was born in “Kenya, East Africa”.

 大したことないでしょ? オバマが生まれた時、父は25歳で、彼は東アフリカのケニアで生まれた。

 This wouldn’t seem like anything of concern, except the fact that Kenya did not even exist until 1963, two whole years after Obama’s birth, and 27 years after his father’s birth.

 それは1963年までケニアという国が存在してなかったことを除けば、オバマ誕生の2年間、即ち彼の父親が誕生してからの27年間は、何ら関心を示すようなことはない。

 How could Obama’s father have been born in a country that did not yet exist?

 オバマの父親は存在しなかった国からどのようにして生まれてきたのだろうか?

 Up and until Kenya was formed in 1963, it was known as the “British East Africa Protectorate”.

 1963年、ケニア共和国が建国するまでは、ケニアは”英国領東アフリカ保護国”だった。


 3. On the birth certificate released by the White House,
the listed place of birth is “Kapi’olani Maternity & Gynecological Hospital”.

 3.ホワイトハウスによって公開された出生証明書には、その出生場所が”カピ’オラニ産婦人科病院”と記載されていた。

 This cannot be, because the hospital(s) in question in 1961 were called “KauiKeolani Children’s Hospital”
and “Kapi’olani Maternity Home”, respectively.

 そんなはずはない。何故ならば、問題の病院は1961年、それぞれ”カウイケオラニ小児科病院”及び”カピ’オラニ産科”と呼ばれていたからだ。

 The name did not change to Kapi’olani Maternity & Gynecological Hospital until 1978, when these two hospitals merged.

 これら二つの病院が統合する1978年まで、カピ’オラニ産婦人科病院という名に変わってない。

 How can this particular name of the hospital be on a birth certificate dated 1961 if this name had not yet been applied to it until 1978?

 この特異な病院の名が1978年まで用いられなかったのに、何故出生証明書上に1961年と記されたのか?


 4. Why hasn’t this been discussed in the major media?

 4.何故主要なメディアで話題にならないのか?

 Perhaps a clue comes from Obama’s book on his father.

 きっと、父親についての手掛かりはオバマの本の中にある。

 He states how proud he is of his father fighting in WW II.

 彼は第二次世界大戦で戦った父を如何に誇りに思っていたかを述べている。

 I’m not a math genius, so I may need some help from you.

 私は数学の天才ではないので、あなたの助けが必要かもしれない。

 Barack Obama’s “birth certificate” says his father was 25 years old in 1961 when he was born.

 バラク・オバマの”出生証明書”は、彼が生まれた1961年、父親は25歳だったとしている。

 That should have put his father’s date of birth approximately 1936.

 であれば、父親の誕生日は多分1936年になる。

 Now we need a non-revised history book?one that hasn’t been altered to satisfy the author’s goals?to verify
that WW II was basically between 1939 and 1945.

 今我々に必要なのは、改ざん不可能な第一部の歴史だ。それは筆者の目的を達成するために変更されなかった。第二次世界大戦が基本的に1939年から1945年の間だったことが事実であってもだ。


 Just how many 3 year olds fight in wars? 
 たった3歳の子供が戦争でどれだけ戦えたの?

 Even in the latest stages of WW II his father wouldn’t have been more than 9.

 第2次世界大戦の最後の年でも彼の父は9歳以上にはなってないよ。

 Does that mean that Mr. Obama is a liar, or simply chooses to alter the facts to satisfy his imagination or political purposes (still qualifies as a “liar”).

 オバマさんは大嘘つきか、或いは自分の願望を満たすため、はたまた政治的目的のために単に事実を捻じ曲げようとしただけか?(それでも”嘘つき”とみなせる)


 There can be no doubt the United States political system has been destroyed and the only hope for that country lies with the law enforcement agencies and the pentagon.

 アメリカ合衆国の政治形態が破壊されたことに疑いの余地はなく、その国の唯一の希望は法を執行する機関とペンタゴンに委ねられている。

 Please, kick the bums out.

 お願いだからならず者を追い出してくれ。


 Chinese leader Xi Jinping is scheduled to meet Obama later this week in California.

 中国のリーダー習近平は今週末にカリフォルニアでオバマに会う予定だ。

 No doubt the cabal will offer everything that China wishes in an effort to get the Chinese to continue propping up the bankrupt corporate D.C. government.

 陰謀団が破綻した企業、ワシントン政府を支え続けるために、彼を引き付けようとして、中国が望むことなら何でも提供してくるであろう。

 Several sources claim the cabal will once again offer world rule to the Chinese communist government.

 いくつかの情報筋は、陰謀団がまた中国共産党政府に世界支配をさせようと働きかけるであろう。


 No doubt the Bilderbergers meeting in England just before this summit have put high hopes on a Chinese/Sabbatean cabal alliance to rule the world.

 世界を支配する中国/サバタイ派陰謀団の同盟者達に大きな期待を抱かせるこのサミットの直前に、
ビルダーバーグ会議の出席者がイングランドで会合を開いたのは間違いない。


 However, the Russians, Indians and Japanese, who all share borders with China, have already formed military alliances and are making is very clear they are not going to go along with cabal plans to offer world control to China.

 しかしながら、ロシア人、インド人及び日本人が、彼らは皆中国と国境を接しているが、既に軍事同盟を形成しつつあるのは明らかで、中国に世界を支配させる陰謀団の提案にには同調しないであろう。

 The Chinese also are smart enough to know the cabal will only lift them up until they get a chance to betray them.

 中国もまた、陰謀団が自分たちを裏切るチャンスを得るまで担ぎ上げるだけだということは十分解っている。


 The situation in the Middle East is also quickly spinning out of cabal control.

 中近東の情勢もまた陰謀団の支配が急速に衰えている。

 The riots in Turkey were about Turkish government support for Bush faction Al CIAda terrorists in Syria
using chemical weapons like Sarin gas and not about some shopping mall.

 トルコにおける暴動は恐らくトルコ政府がシリアにおけるテロリスト、ブッシュ派のアルカイダをサリンガスのような化学兵器を使って支援したもので、ショッピングモールは関係ない。

 Russian troops are on the ground in Syria to prevent the Nazi/Muslim brotherhood takeover and to ensure
that Israel does not set off any more nuclear bombs.

 ロシア軍は、ナチ/ムスリムによる同胞の奪い合いを防止し、イスラエルがこれ以上核爆弾を使用させないために、シリアに上陸している。


 Overall, what we are witnessing is chaos as the old cabal power structures continue to unravel.

 総じて我々が目にしていることは、古い陰謀団の権力構造が崩壊し続けているという意味ではカオスである。

 It will be a confusing time.

 混乱の時代になるであろう。

 In any case, expect more turbulence in the coming weeks as battles continue between agents on the ground, armies on the march and protestors on the streets.

 何れにしても、地上の諜報機関、国境での軍隊、路上での抗議者等の間で戦いは続くのだから、数週間後に迫るより大きな騒乱を期待しよう。

 As usual there is a lot we cannot report but you will notice more and more senior cabal members vanishing
from public view over the coming weeks.

 例のごとく、報道できない事は沢山あるが、読者は陰謀団の上級メンバー達がこれからの数週間を通じて公の場から次々と消えていくのに気付くであろう。

 There is nowhere either on or off this planet for them to hide and surrender is their only option.

 この惑星の何処だろうが、彼らが隠れる場所はない。彼らの唯一のオプションは降伏である。


 The good guys are winning but we need to push hard on all fronts until it is truly over.

 善人が勝ってはいるが、完全に勝利するまであらゆる面を突き進む必要がある。


 Also, beware of June 11, there is likely to be something very nasty planned by the cabal for 611
and we need to make sure it does not happen.

 また、6月11日に注意されたし。611は、如何にも陰謀団によって計画されたとても不吉なことがありそうな数字だ。我々はそんなことが起こらないようにしなければならない。



もっと見たい方はこちらの元記事をどうぞ:http://benjaminfulford.net/



 完璧に嘘をつき通すのは大変ですネ。完璧に嘘をつき通すのは大変ですネ。
PR
◆尖閣問題、アルジェリア人質事件、マリ侵略工作の背景◆ Tuesday, January 22, 2013 尖閣問題、アルジェリア人質事件、マリ侵略工作の背景 転載元:ベンジャミン・フルフォード有料メルマガ≪2013/1/21号 VOl.207≫ 日中における尖閣諸島問題をめぐり、気性が激しい男性ホルモン過多の連中が騙されようとしている。 1960年代、中国はインドとロシアとの間で国境問題による2つの武力衝突(1962年:中印国境紛争・1969年:中ソ国境紛争)を体験しているが、中国新政権のタカ派は、それらと同じような地域戦争を日本ともやりたがっている。 これに対し、日本の右翼も『かかってこい』というスタンスを露わに徹底抗戦を主張している。 そ して従来は親日であるはずの台湾も、日中が交戦するとなれば中国側と組むつもりだ。台湾も中国と同様に1971年から尖閣諸島の領有権を主張しており、こ の原稿を書いている段階では、何者かがグーグルアースの尖閣諸島・魚釣島の上に台湾国旗の画像を細工しているのが確認できる。 この両側を煽り立てているのは、欧米のサバタイ派マフィアたちである。 国際金融界が世界的な大変動へと向かう最中、彼らは掌握する各国の中央銀行制度(民間中央銀行が無から貨幣を創造し、国や個人に貸し付ける仕組み)の維持に向けて、何としてでも世界に戦争を起こしたい構えだ。 戦争が始まれば、その両国に武器を売却し、資金を貸し出すつもりでいる。そのために今、彼らは日本と中国でお金をばら撒き、戦争を煽るための工作に必死で勤しんでいる。 2011年3月11日に日本国民2万人以上の命を奪った欧米のマフィアたちに騙されて、また多くの日本人と中国人が命を落とそうとしている。 改めて、戦争をやりたいと言う人たちに問いたい。世界平和を実現して かつて無い程の豊かな時代を切り開くことと、隣国同士で殺し合いをすること、どちらを選ぶのか? https://foomii.com/reader/check/00006 ◆ベンジャミン・フルフォード新刊発売のお知らせ 1月22日『日本に仕掛けられた最後のバブル』が青春出版より発売されます。宜しくお願いします。 債務問題の期限が迫るアメリカ、金融危機で揺れるユーロ。後のなくなった欧米の闇の支配者たちは1500兆円といわれる日本の個人資産に狙いをつけ、いったん経済をバブル化させてから収奪しようとしている。 その伏線としての消費増税、インフレ、TPPなどが仕掛けられている。 こうした事態に対して、日本国民はどのように対応すればいいのか?今後の経済はどのような方向に向かうのか?裏世界の視点から解説する。

2012-07-29

貯金のアジアと借金の欧米、これからどう付き合うべきかAdd Starjukaraishi38jukaraishi

ベンジャミン・フルフォードの国内外金融ウラ事情レポート(≪2012/07/23号 VOl.184≫)のリポストです。

---

日々のニュースばかりを細かく見ていると、長いトレンドを見失うことがある。
現在のように 時々刻々と世界で事件や出来事が起きている時には、まさにその
様な状況に陥りやすい。今、我々が毎日のように目にしている「ユーロ危機」
や「金融スキャンダル」などの細かな情報やニュースの背景にあるものは、
歴史的な潮の変わり目ともいえる時代の大きな変化である。
2000年代に入り、世界の金融経済の中心が大西洋から太平洋へとシフトすると、
この2000年間のトレンドとして『アジアは貯金をして欧米は借金をする』という
双方における歴史的な特質がはっきりと浮かび上がってきた。これからアジア
国々は、『アジアのお金に依存しなければ再興することが出来ない欧米と、将来
どう付き合っていくのか』ということを決めなければならない。

欧米は、この先、彼らが屈辱的な状況に陥るくらいなら世界を巻き込んで戦争
を始める構えでいる。しかしアジアの国々は、『自らの国が活性化する為にも
欧米の経済圏に早く活力を取り戻して欲しい』と願うことはあったとしても、
欧米に対して屈辱的な仕打ちをすることなど考えもしないだろう。また、確か
に借金ばかり続けていることは不健全だが、貯金をしてそれを永遠に使わない
(使わせてもらえない)状況も極めて不健全。
そうなると、これまでの様な“アジアが欧米に一方的に貢がされる”という不当
な構造を改善して、これからはお金が円滑に循環して流れる新しい仕組みを
作っていかなければならない。

ただし その際の大原則として、また長い人類の歴史の教訓として注意しなけれ
ばならないのは、あまりにも急激に既存の体制を壊すと文明そのものが崩れて
しまう恐れがある、ということだ。



 ウルクの塔 】

シュメール文明(古代メソポタミア)が栄えていた紀元前3500年頃、現在の
イラク一帯にはたくさんの都市が存在していた。その中でも突出して繁栄して
いたのが今のイラク南部に位置するウルク(Uruk)という都市だった。

ウルクには、町の中心にピラミッド型のジッグラト(Ziggurat)と称される
大きな聖塔(神殿)が建てられていて、神事を司る1人の絶対的な指導者を
中心とした支配階級が そこに集って生活していたことなどが当時の記録や
遺跡の発掘調査により分かっている。

その支配階級たちはウルクの農民たちに納税の義務を課し、町に住む一般市民
に対して決められた大きさの枡(ます)で その徴税した麦などの食糧を計って
配給をしていたため、それまで比較的に自由に暮らしていた人々は いつしか
その塔(Ziggurat)を中心に居住区を形成して、いわゆるピラミッド型のバビ
ロニア式独裁体制の下で生活を営むようになっていった。
(※ メソポタミアの諸都市が起源とされるジッグラト画像 ↓)
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=Ziggurat#mode%3Dsearch

しかし、大きく繁栄したウルク文明も紀元前3100年頃に一度、突如として町が
壊滅した形跡が遺跡に残されている。その遺跡を見る限り、町の中心にあった
塔は燃やされたようだ。これは当時のバビロニア独裁体制に 一般の市民が
反発して起こした暴動が原因であると見られている。そして、その後の400年間、
ウルク文明の記録は空白となる。
ここで言いたいのは、状況を変化させるにしても その方法次第では我々の文明
全体を衰退させてしまう事態になりかねない、ということだ。しかし、それは
望ましくない。

現在の欧米文明にとっての「ウルクの塔」は、まさに米連銀と欧州中央銀行
(日本は差し詰め、ウルクにぶら下がる奴隷国家だ)。水面下における金融
戦争が最終局面を迎える中、その米連銀と欧州中央銀行を完全に壊してしま
おう、と考える人たちが急激に増えてきている。しかし、代わりの仕組みを
確立してからでない限り、それはとても危険なことだ。かねてから米連銀に
反対をしてきた人間の1人として積極的には言いたくない事実ではあるが、
旧体制の仕組みを上手く取り入れながら、徐々に新体制へと移行していった
方が人類にとっては安全である。

前号(Vol.183)で述べたように、これまでアジアは 米連銀を筆頭に欧米の
多くの銀行団や国に金(ゴールド)を貸し出してきた。そして今、それらの
債権者であるドラゴンファミリーなどのアジア勢が、これまでに約束されて
いたはずの利子の支払いや満期になった債券の換金を要求している。しかし
積もり積もったその総額は「京」という単位も飛び越えて、現実には存在し
得ない域にまで達している。(実際に、世界のGDPである75兆ドルより
33桁も多い数字が記載された債券を見せられたことがある。)

既に述べたように、問題はアジア勢が無理に全額を取り立てて欧米金融界を
壊滅させるような事態となれば、欧米とアジアの間で戦争が勃発してしまう
恐れがある。しかし だからと言って、このままの状態で泣き寝入りをする
ことなど、アジア勢からしてみれば全くもってあり得ない話だ。



【 これからの世界経済 

ここで、金融の本質を再び思い返して欲しい。まず、『金融』という単語には
2つの側面がある。1つは、現存する金(ゴールド)や宝などの財産を指す場合。
もう1つは、『その財産を使って人類の未来に何をするのか』を決めるプロセス
を概念的に指して使われる場合だ。

アジアは世界との長い通商の歴史を経て、結果的に世界の金や財宝の権利の
大部分を手に入れてきた。しかしながら、これまでの金融システムではアジア
は欧米勢に貢がされるのみで、自分たちの意思ではそれらを使うことが出来な
かった。
そこでアジアに提案したいのは、金融の概念『現存する財産を使って未来に
何をするのかを決めるプロセス』という視点に立って国際金融を循環させる
新たなシステムを構築し、アジアと欧米とが完全に対等となる原則を作って
から、現状では封印されて使うことが出来なくなってしまっているアジア
財産をベースに世界を再出発させる、というのはどうだろうか。

例えば、2人の人物がテーブルを挟んでお互いに銃を向け合って座っていると
する。相手が美女であれば銃を下して抱き合うかもしれない。しかし、相手が
これから自分を犯そうとしている醜いデブ男であれば打ち合いになるかもしれ
ない。要するに、条件に折り合いがつけば結婚して新しい家族が誕生すること
もあるだろうし、うまく行かなければ間違いなく殺し合いに発展する、という
状況。これが、欧米側からアジアを見た 今の心境だろう。
これから新しい時代に向けて、アジアと欧米の金融界は円満に「結婚」すること
を目指して交渉をしなければならないと思う。今の軍事兵器を以て戦争を始め
れば、地球は確実に破滅する。しかし、同じ地球に住んでいる以上、アジア
そのテーブルから離れることも出来ない。

また、もう1つ人類に隠されてきた現実がある。これまでの体制では、人類に
ギリギリの生活を強いるために お金の不足が人為的に演出されていた。日々の
生活に追われる状況の中では目先のことしか考える余裕がなくなり、権力者に
とっては 人々の意思・思想のコントロールが容易になるからだ。しかし新たな
金融システムが導入されて 全体に潤沢な資金が流れるようになれば、これまでの
そうした体制とは違う、全く新しい体制を誕生させることが出来るようになる。

その場合には、1970年代後半に中国の鄧小平政権が改革開放路線を打ち出した
時のように、古いものを完全に壊すのではなく、古い体制に新しい体制を導入
し、徐々に双方の融合を図りながら 全く新しいものを生み出していく、といった
過程を辿るのが最も安全だろう。
先ずは、古い金融体制の腐敗した部分(デリバティブ詐欺など)を切り落とし、
残った部分を生かして事業計画を立て、未来に向けた新たなプロジェクトを
始める。また、それと並行して以前から提案している『国際経済企画庁』など
のような新規の国際機関を設立して、計画的に世界の平和的発展を促していく
ことも始めるべきだ。その際には勿論、賢い人たちがソロバンを弾いてみて
それらの企画が実現可能なものなのか、その過程に不正がないか、などを逐一
調べることが必須となる。
いずれにせよ、これまで「ウルクの塔」によって中央管理されていた体制は
必ず変えなければならないが、文明を崩壊させることなく平和的解決を図るため
には、その「ウルクの塔」も まずは多くの中の1つとして残すべきだと思う。


今とこれからの世界を考えると、カジノ王と呼ばれたマカオのスタンレー・ホー
Stanley Ho)が独占的賭博権を喪失した時の状況とよく似ている。それは、
1999年にマカオ中華人民共和国へと返還された時の出来事だ。

それを機にスタンレー・ホーによるマカオ賭博市場の独占が解禁され、他からの
参入が始まった途端に、市場は急激な拡大を見せ始めた。その後、僕が最後に
スタンレー・ホーについて調べた時には、彼が占めるマカオの賭博市場のシェア
は 全体の30%程となっていた。しかし市場が拡大した結果、スタンレー・ホーに
とっては この30%という数字が、実質的に見て 市場を100%独占していた頃より
も遥かに規模の大きいものとなっていた。

このスタンレー・ホーの話は、これからの世界経済を考える際にも当てはまる
ことだと思う。

                   Benjamin Fulford
---

大手国際銀行間の金融スキャンダルと過熱する権力紛争Add Star

ベンジャミン・フルフォードの国内外金融ウラ事情レポート(≪2012/07/09号 VOl.182≫)のリポストです。
---


最近、永田町首相官邸前で大規模な反原発デモが展開されているが、これに
参加する市民、ひいては我々日本国民全体が事の本質を理解していなければ、
石油利権やその銀行団に騙される羽目になる。中東の「アラブの春」で見られ
たように、ツイッターフェイスブックによるデモの扇動、世論の操作、それに
加えて問題の本質から人々の目を逸らす、といった方法は既に彼らの常套手段
となり、日本においても そうした彼らの工作は始まっている。今、我々が声を
上げるとするならば、『原発でもなく、火力(石油)でもなく、安全で効率のいい
新エネルギーへと移行しろ』と言うべきではないだろうか。

福島原発は、施設の警備を委託されていたイスラエルの警備会社:Magna BSPに
より爆破が実行された。欧米石油利権の手先である彼らによって引き起こされ
原発爆破の目的は、日本がエネルギーの30%を賄うようになっていた原発
全国で停止させ、火力発電の比率を高めることで、その燃料となる石油を日本が
大量に輸入せざるを得ない状況へと陥らせることだった。それにより、欧米の
石油利権は日本のエネルギー産業、それに続いて製造業の分野を再び抑えること
を狙っていた。
東京電力は「火力発電の増強に伴う燃料費の上昇」などを理由に 依然として
経済産業省電気料金値上げの申請を行っているが、これが始まれば 欧米の
石油企業に対して 日本の一般市民が間接的にもお金を貢ぐことになる。

こうした状況を理解するならば、日本は原発利権のみならず、日本の原発
破壊工作を施し、大勢の被害者を出した石油利権の連中にも『お金を貢がない』
と判断するのが、当然の選択だろう。しかし、もし日本政府が新エネルギーの
活用について考えているのならば、現在のように日本の銀行団太陽電池などの
新エネルギー事業に対して貸し渋りなどしていないはずだ。今、太陽電池設備は
非常に低コストで手に入る。今のドイツがそうであるように、日本においても
エネルギーの50%を太陽発電で賄うことは現実に可能なのだ。

また、311地震を引き起こした勢力がその計画の段階で朝鮮系グループを使って
いたことなどの情報を暴露しているためか、6月30日の講演会の後、朝鮮系独特
なまりを持った英語を話す男が僕の方に握手を求めて近づき、差し出した僕の
手に針状のものを瞬時に刺して人ごみの中に消えていった。今のところ体調に
変化はないが、工作員と思われるその人物がした行為はとても無視できるもの
ではなかった。様々な情報が錯綜する中で、僕のことを敵だと思っている人間が
いるようだ。



【 時代の変化 】

ただし、先週ホワイトドラゴン関係者がロックフェラー一族の人間と話をした
際、そのロックフェラー側の人物が、石油を主なエネルギー源としての使用を
10年~15年という期間を経て段階的に終わらしていく意思があることを表明
していた。もちろんその期間には、時代に合わせて石油利権全体が別の分野の
業種に転身していくつもりだと話している。彼らは、今でも確かに石油利権の
延命を図ってはいるが、今の世界の流れを見て、将来的にその方が彼らにとって
も遥かに得策だと考えたのだろう。当然ながら、原発も段階的に撤廃されるべき
である。

そのロックフェラー側の人間は、新エネルギー技術を利用した砂漠の緑化事業
に先ずは意欲を示している。砂漠の緑化ともなれば大量の水が必要となり、
先ずは海水を真水に変える大型プラントが建設され、プラントメーカーの商売
が繁盛する。その後は、大きな運河や道路を造るためにゼネコンにも多くの
仕事が発注される。また新たに緑化された地域には、当然ながら住宅や道路、
下水道なども建設されることになり、そこに住む人々は新たに家具や家電、車
などを購入することになるだろう。

ロックフェラー一族などが、時代の変化を見極め、こうした大規模な事業に
可能性を見出しているのであれば、現時点で新国際金融システムの始動
そのものを邪魔しているのは彼らではなさそうだ。また、ロスチャイルド一族
の人間も以前からこうした事業には前向きな姿勢を見せていた。そうなると、
現在に至ってもなお新しい金融システムの始まりに抵抗しているのは、スイス
BIS国際決済銀行)に巣窟する勢力、イタリアフリーメーソンのP2ロッジ、
それら勢力と連携する中国政府内の一部派閥である可能性が高い。

各方面に状況を尋ねてみたところ、その多くは『今年の夏中は 世界の旧体制勢力
と新体制勢力との間の膠着状態が続くが、うまくいけば 秋頃には新たな国際金融
システムが動き出すのではないか』との見解を示している。


いずれにしても、世界が膠着状態にある間はヨーロッパのジリ貧状態が続く。
前号で、≪第20回ヨーロッパ首脳会議が開かれ、今回で20回目の「ユーロ危機
の解決」が発表されて開幕した。もちろん、今回も嘘八百だ。≫とのコメントを
出していたが、やはりその欧州首脳会議後の声明によって操作された市場の高騰
もすぐに落ち込み、欧州は依然として低迷を続けている。フィンランド財務省
においては、自国のマスコミに対して『他のユーロ加盟国の救済措置として
フィンランドが借金を立て替えることになるのならば、ユーロを離脱する』との
発言に至っている。
http://economictimes.indiatimes.com/news/international-business/finland-would-rather-exit-euro-than-pay-for-others-jutta-urpilainen-finance-minister/articleshow/14714539.cms



LIBOR不正操作事件 】

欧米旧体制崩壊のサインは、今後もますます顕著となっていく見込みだ。特に
重要なのは、800兆ドル市場ともなるLIBOR(※ 国際銀行どうしでお金を貸し
借りする際の貸出し金利レート/London Interbank Offered Rate:ロンドン銀行
間取引金利)の不正操作に関するスキャンダルだ。これに対して、英重大不正
捜査局(SFO)はマスコミを通じて正式に刑事捜査に着手する方針を明らかに
している。

このスキャンダルは、英大手銀行バークレイズが2005年~08年にかけて不正に
LIBORを操作していたことが発覚、罰金を科せられたことに始まる。その後、
マスコミ議会が騒然となる中、バークレイズが『イギリス政府も知っていた
し、他主要国の多くの大手金融機関が国際的なカルテルを結んで不正を行って
いた』と証言。その直後に、イギリス中央銀行の幹部が自らの腕や胸を刃物で
刺して「自殺」した、とのニュースが報じられている。
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/banksandfinance/9376436/Stressed-Bank-of-England-official-stabbed-self-to-death.html
このLIBOR不正操作事件に関して、SFOは『日本の大手銀行も捜査の対象とする』
との声明を発表し、ドイツでは独連邦金融サービス監督庁(BaFin)が既にドイツ
銀行に対する特別調査を開始している。欧米当局は大手国際銀行への捜査を
引き続き拡大させ、さらなる摘発に向けて動いている。


また、以前(2012/6/25号 VOl.180)にて、≪下院の監視・政府改革委員会
おいてオバマが任命した司法長官:エリック・ホルダー(Eric Holder)に法的
処置を課すための手続きが始まった≫との話題を取り上げたが、これについても
さらなる側面が表沙汰になってきている。

この問題は、ホルダーが管轄する機関:AFT(Bureau of Alcohol, Tobacco,
Firearms and Explosives/アルコールタバコ・火器及び爆発物取締局)
メキシコの麻薬組織にAK47などを含む計2500丁の銃砲を不正に密輸出して
いた事件に関して「捜査の情報開示を怠った」との理由によりホルダー司法長官
を「議会侮辱罪」に問うものだが、この追及をリードするダレル・イッサ(Darrell
Issa議員のブレインを務めるのはピーター・ハーラー(Peter Haller)という
以前にゴールドマン・サックス副社長を務めていた人物。しかも、彼は近年
うちに名前を変えていて、ゴールドマン・サックス時代は「シモニー(Simonyi)」
という名を名乗っていた。
http://thinkprogress.org/politics/2011/08/18/298485/exclusive-goldman-sachs-vp-changed-his-name-now-advances-goldman-lobbying-interests-as-a-top-staffer-to-darrell-issa/?mobile=nc

ここで注目すべきなのは、この問題を大きく取沙汰されたエリック・ホルダー
が率いる司法省も米大手銀行団によるLIBOR不正操作疑惑の調査に乗り出して
いて、当然のことながらゴールドマン・サックスもその調査対象の1つとなって
いる、という点だ。つまり、オバマ政権下にある司法省が大手銀行団の調査を
開始し、その調査されている側の大手銀行団グループが即座に司法省を追及し
始めたわけだ。

議会では、ホルダーに続いて 彼を擁護するオバマに対しても訴追の手続きが
始まっているが、こうした事情を見るに、欧米権力者たちの露骨な泥の投げ合い
は暫く続くことになりそうだ。
他にも、ゴールドマンサックスを含む5つの米大手銀行には、前号(2012/07/02号
VOl.181)にてロイター通信の記事を紹介していたように、組織解体の事態に備え
た書類を作成するよう米当局:連邦預金保険公社(Federal Deposit Insurance
Corporation; FDIC
より命令が下されている。いずれにしても、米連銀の大株主たちの銀行団
いったん閉鎖されることになるだろう。

 アメリカにおいて激化する今回の権力紛争で、オバマが辞任に追い込まれる
のか、大手銀行を所有する米連銀の大株主グループがドルとユーロの支配権を
失うのか、戦況はまだはっきりとは見えてこない。しかし、いずれにしても
欧米の金融システムは数学的に明らかに壊れているため、欧米金融界が近い
うちに再起動の必要に迫られるのは間違いない。
-----------------------

アメリカのこれからに関しては、この先ペンタゴンや他当局がどのような行動に
出るのかが大きなカギとなってくる。ペンタゴンの上層部によると、現役時代に
石油利権と癒着していた 既に引退した将軍や一般将校クラスの多くが『アメリカ
に革命を起こそう』と言って彼らへの取り締まりに賛同しているという。彼らは、
ニール・キーナンが準備する裁判を使い、法的な手続きに沿って水面下で起こる
金融戦争、並びに欧米の金融危機を終わらせようとしているのだと、ペンタゴン
CIA筋など複数の情報源が証言している。

この夏、アメリカヨーロッパではこうした水面下の動きがさらに過熱していく
だろう。もちろん、この欧米の権力紛争の行方によって日本の政局も左右されて
いく。


                     Benjamin Fulford


2012-07-08

凍結されている日本の資金が新たな時代のカギとなるAdd Star

ベンジャミン・フルフォードの国内外金融ウラ事情レポート(≪2012/07/02号 VOl.181≫)のリポストです。
---


戦後における日本の政界上層部、また日本の用心棒を管理していた“似非
右翼」”の多くが、外国勢からの賄賂を受け取って活動してきた売国奴
もしくは臆病者の偽善者であったということは、もはや公然の事実だろう。
それは、日本が外国勢による311テロ攻撃に遭った際の彼らの反応を見て
も明らかだった。

しかし、彼らの命令系統の頂点にいたロックフェラー一族やブッシュ一族など、
欧米の旧体制勢力は既に反対勢力であるホワイトドラゴンなどとの和平交渉に
乗り出し、彼らが所有する米銀行団に対しても米当局による新たな動きが報じ
られている。
現時点において、その和平交渉の焦点の1つとなっているのは、日本銀行
口座で凍結されている7000兆円の行方についてだ。この資金の凍結が解除され
政府が借金を清算してしまえば、日本は消費税増税する理由もなくなり、
外国勢によって負わされた今の借金奴隷のカラクリからも解放される。

今号では、石原新太郎東京都知事、財務事務次官である勝栄二郎日本銀行
総裁の白川方明、元大蔵事務次官、現在では日本郵政代表執行役社長を務める
斎藤次郎…などに問いかけたい。『あなた方が 本当に日本を思ってそれぞれの
役職に従事しているのであれば、なぜ行動を起こさないのか?』


【 ナチと、核と、ちきゅう

ここで、日本の上層部、当局、また大物の「右翼」と言われる人たちに尋ね
たいことがある。

昨年、311テロ攻撃が引き起こされる少し前に、核爆弾を日本に密輸入した団体
のメンバーであったアレクサンダーロマノフからの内部告発として、『中曽根
康弘が以前に所有していた西多摩郡日の出町の山荘へと対日テロに使われる
予定の核爆弾がいったん運び込まれ、次に朝鮮総連本部の地下に移された』との
知らせが、彼らのもとにも届いていたはずだ。もしその時点で行動を取って
いたならば、福島で罪のない一般の人々が命を落とすことはなかった。
『なぜ、誰も動こうとしないのか?』

それどころか、テロを未然に防ごうと情報を提供したロマノフは、その後に
小金井警察の私服警官によって拘束され、その頃には既に顔見知りとなって
いた僕について「麻薬犯罪に関わっている」などと偽証するよう強要された
という。核テロを防ぐことよりも、それが日本の当局がしたことだった。
過去の話をこれ以上ほじくり返すつもりはないが、これから将来の事に関し
ては行動を起こして欲しい。

外国勢が311人工地震・津波攻撃を仕掛けた際に実際の作業を行った深海掘削船
ちきゅう』が現在、青森県六ヶ所村沖で作業をしている、という目撃情報
が寄せられている。その六ヶ所村原子力施設には原子爆弾5000発を製造できる
量のプルトニウムが保管されており、それが爆発、もしくは放射性物質を放出
するような事態となれば、世界中に多大な被害をもたらすのは勿論のこと、
日本の人口の多くは放射性物質の汚染により命を落とすか、環境難民となって
しまう。

英国政府筋は、武器商人:ビクトル・ボウト(Victor Bout ※元ソ連陸軍中佐・
「史上最強」の異名を持つ死の商人、2008年にタイ・バンコクで拘束、その後
アメリカへと身柄を送還され、今年の4月に禁固25年の刑が言い渡されている)
が、過去にウクライナの100キロトン級SS119ミサイルナチス勢力に売却して
いたこと、ナチの潜水艦がそのミサイルを積んで深海掘削船『ちきゅう』へと
向かっていること、などの情報を、既に日本へと知らせている。

これまでにも繰り返し述べてきたが、欧米の悪魔崇拝者たちによる対アジア
工作については、以前に直接ロスチャイルド一族の人間から聞かされたこと
がある。彼らは、日本に4000万人の環境難民を作り出して中国韓国に移動
させることを計画している。そして、もともと洗脳されて操りやすくなって
いる日本人を利用し、アジア支配の拠点として韓国釜山金融特区を建設
するつもりなのだという。


こうした話を聞いてもなお、日本の上層部が行動を起こさないのであれば、
彼らは本物の臆病者か、悪意を持った人類の敵である。物事には必要悪という
場合もあるが、今回は違う。今は、積極的に悪と戦って自らを守る以外に選択
の余地はない。プルデンシャル証券のビルに拠点を置くCIAの日本人管理部門
占領し、その証拠資料を押収して世界人類に公開すれば済むことだ。

ヨーロッパアメリカなどでは、既に欧米のプロの「掃除屋」が「ガラクタ
整理」を開始、ペンタゴンも行動を起こし始めている。現在、コロラド
大規模な山火事が相次いでいる、とのニュースが一般のプロパガンダ企業
マスコミでも報道されているが、その影響で先日コロラドデンバー空港が
一時的に閉鎖されていた。CIA筋やニール・キーナンらは、『それらは全て、
デンバー空港の真下にある地下施設への取り締まりと関係している』と話し
ている。


【 資金凍結の行方 】

まだ洗脳から思考を解放できない人たちには、ロイター通信などで報道されて
いる以下のニュースを見て考えてみて欲しい。
http://www.reuters.com/article/2012/06/27/us-banks-bailouts-wills-idUSBRE85Q0AZ20120627 

この記事には、アメリカに拠点を置く5つの大銀行:ゴールドマン・サックス
Goldman Sachs)、JPモルガン・チェース( J.P. Morgan Chase)、シティバンク
Citibank)、バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)、モルガン・スタンレー
Morgan Stanley)に対し、当局から7月1日までに組織解体の事態に備えた
書類や資料を作成するよう命令が下った、との内容が報じられている。
これまでには考えられなかったことだ。

このことは、現在アジアにて欧米銀行団に対する裁判準備を続けるニール・
キーナンの動向(前号:Vol.180を参照してください)やホワイトドラゴンと
ロックフェラー一族との間で行われている交渉などと密接に繋がっている。


上記の銀行を所有する米連銀の大株主たちはアジア王族に借りた金(ゴールド)
を元手に商売を行ってきたが、この80年間ずっと、約束で定められた利子を
支払ってこなかった。現在の状況を例えるなら、80年間、バーでずっとツケに
して飲み食いをしてきたチンピラが、思いがけず『今すぐ全てのツケを清算
しろ』と言われているようなものだ。

これに対して当然、米連銀の大株主グループは『欧米の金融システムを麻痺
させて米国民の給与振込みや各種の決済取引を凍結する』などと言って抵抗
しているが、ペンタゴンはそうした事態に備え、既に食糧の流通や海外から
の石油の仕入れルート、またその支払いなどが滞らないよう対策を取っている。


もちろん、そのような最悪の事態は避けるべきであり、皆が円満に納得できる
ような結論を出さなければならない。そこで、日本の7000兆円の資金がカギと
なる。財務事務次官勝栄二郎日本銀行総裁白川方明、元大蔵事務次官
日本郵政代表執行役社長の斎藤次郎の3人は、その資金凍結を解除できる
立場にある。先ずは、彼らに資金を動かすよう説得をしなければならない。

また、先週末に第20回ヨーロッパ首脳会議が開かれ、今回で20回目の「ユーロ
危機の解決」が発表されて開幕した。もちろん、今回も嘘八百だ。
欧米の「金融危機」問題の大元は、ヴァチカン銀行にある。ヴァチカン銀行は、
これまでにも度々マネーロンダリング疑惑で摘発され、国際的にブラックリスト
に入れられている。そこから抜け出すために、ローマ教会によって新たな総裁:
エットレ・ゴティテデスキ(Ettore Gotti Tedeschi)が任命されて送り込まれ
たが、腐敗を排除しようとした彼は理事会からの不信任決議によってすぐに
解任されてしまった。

ヴァチカン銀行の帳簿には、日本人を含め世界中の政治家に対する賄賂口座の
データが記録されている。ヴァチカンの背後にいるイタリアフリーメーソン
P2ロッジが推し進めてきた「世界ファシスト統一政府建設プロジェクト」の
過程では、世界中の多くの政治家や有力者たちが 彼らに何かしらの協力をする
度に賄賂を受け取ってきた。今、その贈収賄を暴かれるのは彼らにとって非常
にまずい。ゴティテデスキが解任されたのには、そうしたファシスト勢力の
焦る理由があったからだ。

ともかく、このまま円満な結論が見いだせなければ、最悪の場合は『彼らが
ロンドンオリンピックで核テロを起こし、これに反撃する勢力が仕返しに
ローマを爆破する』と、裏では情報が出回っている。ホワイトドラゴンなど
の反旧体制勢力は現在も、東京ロンドンローマで予測されているそうした
危険な事態を回避するために日々動いている。

---------------

既に、先日6月20日~22日にブラジルリオデジャネイロで開催された国連
地球サミット国連持続可能な開発会議(リオ+20)では、日本・欧米以外の
国々の強い意向により、貧困・環境対策に対して5000億ドルの拠出を行うこと
が約束された。
しかし、日本、ヨーロッパアメリカが再び自由と独立を手に入れることが
出来れば、それよりも遥かに大規模で素晴らしいプロジェクトの展開が出来る
ようになるはずだ。

                   Benjamin Fulford
-----------------

HOME  → NEXT
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright (C) 2017 コラム ニュースの裏 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]