忍者ブログ
ベンジャミンフルフォードからのメッセージ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年06月06日

Benjamin Fulford geo-political news 4 June 2013

Financial war escalates with riots in Turkey, a blockade of European Central Bank, assassinations and arrests amid clouds of disinformation

 金融戦争はトルコの暴動と共に拡大する。欧州中央銀行の封鎖、デマが飛び交う中での暗殺及び逮捕。


 Last week multiple high level sources all confirmed an intensifying battle for control of the global financial system and thus the future of humanity.

 先週、多方面からのハイレベルな情報筋全てが世界規模の金融システムの支配、即ち、人類の将来をめぐる戦いが激化することを確証した。

 In the public sphere this is appearing in the form of riots in Turkey, blockades of the European Central Bank
and massive global protests against Monsanto among other things.

 公の場でも、トルコにおける暴動、欧州中央銀行の封鎖、そして特にモンサントに対する大々的な世界規模の抗議という形となって顕在化している。

 Under the surface there has been a rash of intrigues, arrests, threats and counter-threats.

 水面下では、陰謀、逮捕、脅迫、またそれに対する脅迫等が多発している。

 New alliances have also been reached between previously opposing forces, according to multiple high level sources.

 同筋によると、新しい同盟国は既に対立する勢力との距離を縮めた。


 In Asia, China, South Korea, Japan and the United States have all agreed on forcing regime change in North Korea, according to a senior Chinese government agent.

 中国政府諜報員上層部によるとアジアでは、中国、韓国、日本及びアメリカ合衆国全てが、北朝鮮における政治体制を変えることに同意した。

 This was confirmed by a gnostic Illuminati grandmaster and Russian FSB agent who said that Kim Jong-un would have to be removed.

 それは、イルミナティ・グノーシス派のグランドマスター及びロシアのロシア連邦保安庁FSBの諜報員が、
金正恩が追放されるべきとの意見によって確証を得た。

 The North Koreans, now run by an elderly general, want peace.

 北朝鮮人民は現在、年配の将軍によって統治されており、平和を望んでいる。


 In the Middle East, meanwhile, apart from the riots in Turkey and Russian troops in Syria, there were separate assassination attempts in Iran against President Mahmoud Ahmajidenad and his ally Saeed Jalili,
according to the Mossad linked site Debka.

 一方、モサドにリンクされているデブカのサイトによると、中近東ではトルコにおける暴動及びシリアにおけるロシア軍の他に、イランにおいてマフムード・アフマディーネジャード及び彼の同志であるサイード・ジャリーリーに対してそれぞれ暗殺の試みがあった。


 There are also 11 members of the One People’s Public Trust, the people behind the so-called galactics pushing for their version of a new financial system on the run from both hitmen and law enforcement agents in Ethiopia, according to a CIA source.

 CIAによると、一つになった公共信託の11人のメンバーもいる。彼らは、いわゆる銀河系軍団と呼ばれる集団の人々で、エチオピアにいる殺し屋及び法の執行者の双方から遠ざかる新たな金融システムの形態を推し進めようとしている。

 A senior Italian P2 Lodge member says the people in Ethiopia are there in an effort to find the “original Ark of the Covenant.”

 イタリアのP2ロッジの上級メンバーが言うには、エチオピアの人々はそこで”本物の契約の箱”を見つけようと努力している。

 At least both sides agree that there is some form of high level intrigue going on in Ethiopia of all places.

 少なくとも、エチオピアの全ての場所で行われているハイレベルな計略の形態がいくつかあることは、双方で意見が一致している。

 We will try to find out more next week.

 我々は来週更に見つけ出そうとするであろう。


 Meanwhile, a member of the Dragon family came forth this week to provide some background.

 一方、ドラゴンファミリーのメンバーがいくつかのヒントを与えようとして、今週現れた。

 The man who goes by the name Count Albert but insists he is not the fraudulent “Count Albert Zvonko Berdik” sent by the Federal Reserve Board to Hong Kong a while ago.

 カウント・アルバートと名で通ってる人が、”カウント・アルバート・ズボンコ・バーディック”という名前は嘘ではないと言っているが、少し前に米連銀によって香港へ送られた。

 According to him, the Dragon family goes back 3400 years and is headed by a single individual going by the code name M1.

 彼によると、ドラゴンファミリーは3400年前までさかのぼると、M1という名の人に率いられた。

 He says the Dragon family has now formed an alliance with the Five Star Trust run by the non-Bush part of the CIA.

 彼が言うには、ドラゴンファミリーは現在CIAの非ブッシュ派によって指揮されたファイブスタートラストと同盟関係を形成している。


 He also says that China has already started to use new energy technology to turn the desert regions of China green.

 また、中国が既に砂漠地帯を緑地に変えるために新エネルギー技術を使い始めた。


 In any case, what Count Albert says fits in with claims by Chinese, Russian and British Agents about high level anti-cabal moves around the world.

 何れにしても、カウント・アルバートの話は世界を取り巻くハイレベルな反陰謀団の動きについて、中国、ロシア及びイギリスの諜報局による主張と一致する。


 In the Anglo Saxon world, for example, there is a push to remove politicians believed to be Sabbatean agents.

 例えばアングロ・サクソンの世界では、サバタイ派工作員であると信じられている政治家を排除する動きがある。

 In particular Australian Prime Minister Julia Gillard is under criminal investigation,

 とりわけオーストラリア首相、ジュリア・ギラードは犯罪捜査中である。


 http://theredandtheblue.org/2013/04/23/awu-the-question-of-whether-julia-gillard-is-under-criminal-investigation/


 Canadian Prime Minister Stephen Harper is charged with stealing his last election

 カナダ首相、ステファン・ハーパーは直近の選挙で不正をはたらき、起訴されている。


 http://www.presstv.ir/detail/2013/05/25/305314/confirmed-canada-2011-polls-fraudulent/


 and British Prime Minister David Cameron is under attack for involvement in war crimes among other things.

 そしてイギリスのデビッド・キャメロンはとりわけ戦争犯罪への関与のため非難の的となっている。


 http://www.dailymail.co.uk/news/article-2333649/Cameron-Blair-grubby-deal-censor-Iraq-inquiry-Key-evidence-held-return-ex-PMs-neutrality-election-claims-foreign-secretary.html


 There is also a still festering sex scandal in the UK that has embroiled 81 BBC staffers but has yet to reel in any politicians.

 イギリスでは、BBCの職員81名を巻き込んだ悪化するセックススキャンダルもあるが、これは政治家に対しても行うべきである。


 http://www.dailymail.co.uk/news/article-2333723/Sex-abuse-claims-81-BBC-staff-reported-wake-Savile-scandal?half-work-corporation.html


 However, it is just a matter of time before politicians start coming down like dominoes, the MI5 source says.

 しかしながら、政治家達のドミノ倒しが始まるのは時間の問題だ、とMI5は言う。


 There is also a renewed push to remove Rockefeller front man Obama from the US presidency,
according to multiple US agency and military sources.

 また多くのアメリカ諜報局及び軍によると、ロックフェラーのスポークスマンであるオバマを大統領の地位から引きずりおろし、交代させる取り組みもある。

 At the recent national conference of Sherriffs, for example, it was proven that
that the only birth document Obama has ever publicly prevented is a fraud.

 例えば最近の司法官の会議において、公開を妨げられたオバマの出生文書だけが不正であることが立証された。

 Here is a summary of the evidence as sent to me a while back by Dr. Michael Van de Meer in what turned out to be his last e-mail to me before he was killed:

 少し前にミカエル・ヴァン・デ・ミーアから私に送られてきたものとして、証拠の概要がここにある。
それは彼が殺される前の私への最後の電子メールであることが解った。


 Now, I couldn’t care less about the President’s Birth Certificate, which was a story first dredged up by Hillary Clinton during their bitter Presidential campaign.

 現在、私は大統領の出生証明書なんて気にしない。それは厳しい大統領選挙キャンペーンでヒラリー・クリントンによって、予めでっち上げた話だからだ。

 However, since the White House has made such a ridiculous display of claiming to produce it, please read this over and tell me what you think.

 しかしながら、ホワイトハウスがそんなばかげた選挙活動を繰り広げたので、どうかこれを最後まで読んで、
あなたの意見を聞かせて欲しい。


 If you honestly think this is just plain stupid, then point out why these 4 questions shouldn’t matter. I’ll wait….

 もしあなたが本当にこれはくだらないと思うのなら、次の4つの疑問がどうでもいい理由を指摘して欲しい。


 ?1. Back in 1961 people of color were called ‘Negroes.’

 1.1961年までさかのぼると、有色人種は’ネグロ’と呼ばれた。

 So how can the Obama ‘birth certificate’ state he is ‘African-American’ when the term wasn’t even used at that time?

 オバマの出生証明書が、例えその用語が使われなくても、彼が’アメリカ黒人’であることをどう説明するのか?

 The correct term would be “Malado” one black parent, one white parent.

 正しくは父親が黒人、母親が白人の”ムラート”だ。


 2. The birth certificate that the White House released lists Obama’s birth …as August 4, 1961  It lists Barack Hussein Obama as his father.

 2.ホワイトハウスが公開した出生証明書では、オバマの誕生日は1961年8月4日となっている。それは彼の父親であるバラク・フセイン・オバマのものだ。

 No big deal, right? At the time of Obama’s birth, it also shows that his father is aged 25 years old, and that Obama’s father was born in “Kenya, East Africa”.

 大したことないでしょ? オバマが生まれた時、父は25歳で、彼は東アフリカのケニアで生まれた。

 This wouldn’t seem like anything of concern, except the fact that Kenya did not even exist until 1963, two whole years after Obama’s birth, and 27 years after his father’s birth.

 それは1963年までケニアという国が存在してなかったことを除けば、オバマ誕生の2年間、即ち彼の父親が誕生してからの27年間は、何ら関心を示すようなことはない。

 How could Obama’s father have been born in a country that did not yet exist?

 オバマの父親は存在しなかった国からどのようにして生まれてきたのだろうか?

 Up and until Kenya was formed in 1963, it was known as the “British East Africa Protectorate”.

 1963年、ケニア共和国が建国するまでは、ケニアは”英国領東アフリカ保護国”だった。


 3. On the birth certificate released by the White House,
the listed place of birth is “Kapi’olani Maternity & Gynecological Hospital”.

 3.ホワイトハウスによって公開された出生証明書には、その出生場所が”カピ’オラニ産婦人科病院”と記載されていた。

 This cannot be, because the hospital(s) in question in 1961 were called “KauiKeolani Children’s Hospital”
and “Kapi’olani Maternity Home”, respectively.

 そんなはずはない。何故ならば、問題の病院は1961年、それぞれ”カウイケオラニ小児科病院”及び”カピ’オラニ産科”と呼ばれていたからだ。

 The name did not change to Kapi’olani Maternity & Gynecological Hospital until 1978, when these two hospitals merged.

 これら二つの病院が統合する1978年まで、カピ’オラニ産婦人科病院という名に変わってない。

 How can this particular name of the hospital be on a birth certificate dated 1961 if this name had not yet been applied to it until 1978?

 この特異な病院の名が1978年まで用いられなかったのに、何故出生証明書上に1961年と記されたのか?


 4. Why hasn’t this been discussed in the major media?

 4.何故主要なメディアで話題にならないのか?

 Perhaps a clue comes from Obama’s book on his father.

 きっと、父親についての手掛かりはオバマの本の中にある。

 He states how proud he is of his father fighting in WW II.

 彼は第二次世界大戦で戦った父を如何に誇りに思っていたかを述べている。

 I’m not a math genius, so I may need some help from you.

 私は数学の天才ではないので、あなたの助けが必要かもしれない。

 Barack Obama’s “birth certificate” says his father was 25 years old in 1961 when he was born.

 バラク・オバマの”出生証明書”は、彼が生まれた1961年、父親は25歳だったとしている。

 That should have put his father’s date of birth approximately 1936.

 であれば、父親の誕生日は多分1936年になる。

 Now we need a non-revised history book?one that hasn’t been altered to satisfy the author’s goals?to verify
that WW II was basically between 1939 and 1945.

 今我々に必要なのは、改ざん不可能な第一部の歴史だ。それは筆者の目的を達成するために変更されなかった。第二次世界大戦が基本的に1939年から1945年の間だったことが事実であってもだ。


 Just how many 3 year olds fight in wars? 
 たった3歳の子供が戦争でどれだけ戦えたの?

 Even in the latest stages of WW II his father wouldn’t have been more than 9.

 第2次世界大戦の最後の年でも彼の父は9歳以上にはなってないよ。

 Does that mean that Mr. Obama is a liar, or simply chooses to alter the facts to satisfy his imagination or political purposes (still qualifies as a “liar”).

 オバマさんは大嘘つきか、或いは自分の願望を満たすため、はたまた政治的目的のために単に事実を捻じ曲げようとしただけか?(それでも”嘘つき”とみなせる)


 There can be no doubt the United States political system has been destroyed and the only hope for that country lies with the law enforcement agencies and the pentagon.

 アメリカ合衆国の政治形態が破壊されたことに疑いの余地はなく、その国の唯一の希望は法を執行する機関とペンタゴンに委ねられている。

 Please, kick the bums out.

 お願いだからならず者を追い出してくれ。


 Chinese leader Xi Jinping is scheduled to meet Obama later this week in California.

 中国のリーダー習近平は今週末にカリフォルニアでオバマに会う予定だ。

 No doubt the cabal will offer everything that China wishes in an effort to get the Chinese to continue propping up the bankrupt corporate D.C. government.

 陰謀団が破綻した企業、ワシントン政府を支え続けるために、彼を引き付けようとして、中国が望むことなら何でも提供してくるであろう。

 Several sources claim the cabal will once again offer world rule to the Chinese communist government.

 いくつかの情報筋は、陰謀団がまた中国共産党政府に世界支配をさせようと働きかけるであろう。


 No doubt the Bilderbergers meeting in England just before this summit have put high hopes on a Chinese/Sabbatean cabal alliance to rule the world.

 世界を支配する中国/サバタイ派陰謀団の同盟者達に大きな期待を抱かせるこのサミットの直前に、
ビルダーバーグ会議の出席者がイングランドで会合を開いたのは間違いない。


 However, the Russians, Indians and Japanese, who all share borders with China, have already formed military alliances and are making is very clear they are not going to go along with cabal plans to offer world control to China.

 しかしながら、ロシア人、インド人及び日本人が、彼らは皆中国と国境を接しているが、既に軍事同盟を形成しつつあるのは明らかで、中国に世界を支配させる陰謀団の提案にには同調しないであろう。

 The Chinese also are smart enough to know the cabal will only lift them up until they get a chance to betray them.

 中国もまた、陰謀団が自分たちを裏切るチャンスを得るまで担ぎ上げるだけだということは十分解っている。


 The situation in the Middle East is also quickly spinning out of cabal control.

 中近東の情勢もまた陰謀団の支配が急速に衰えている。

 The riots in Turkey were about Turkish government support for Bush faction Al CIAda terrorists in Syria
using chemical weapons like Sarin gas and not about some shopping mall.

 トルコにおける暴動は恐らくトルコ政府がシリアにおけるテロリスト、ブッシュ派のアルカイダをサリンガスのような化学兵器を使って支援したもので、ショッピングモールは関係ない。

 Russian troops are on the ground in Syria to prevent the Nazi/Muslim brotherhood takeover and to ensure
that Israel does not set off any more nuclear bombs.

 ロシア軍は、ナチ/ムスリムによる同胞の奪い合いを防止し、イスラエルがこれ以上核爆弾を使用させないために、シリアに上陸している。


 Overall, what we are witnessing is chaos as the old cabal power structures continue to unravel.

 総じて我々が目にしていることは、古い陰謀団の権力構造が崩壊し続けているという意味ではカオスである。

 It will be a confusing time.

 混乱の時代になるであろう。

 In any case, expect more turbulence in the coming weeks as battles continue between agents on the ground, armies on the march and protestors on the streets.

 何れにしても、地上の諜報機関、国境での軍隊、路上での抗議者等の間で戦いは続くのだから、数週間後に迫るより大きな騒乱を期待しよう。

 As usual there is a lot we cannot report but you will notice more and more senior cabal members vanishing
from public view over the coming weeks.

 例のごとく、報道できない事は沢山あるが、読者は陰謀団の上級メンバー達がこれからの数週間を通じて公の場から次々と消えていくのに気付くであろう。

 There is nowhere either on or off this planet for them to hide and surrender is their only option.

 この惑星の何処だろうが、彼らが隠れる場所はない。彼らの唯一のオプションは降伏である。


 The good guys are winning but we need to push hard on all fronts until it is truly over.

 善人が勝ってはいるが、完全に勝利するまであらゆる面を突き進む必要がある。


 Also, beware of June 11, there is likely to be something very nasty planned by the cabal for 611
and we need to make sure it does not happen.

 また、6月11日に注意されたし。611は、如何にも陰謀団によって計画されたとても不吉なことがありそうな数字だ。我々はそんなことが起こらないようにしなければならない。



もっと見たい方はこちらの元記事をどうぞ:http://benjaminfulford.net/



 完璧に嘘をつき通すのは大変ですネ。完璧に嘘をつき通すのは大変ですネ。
PR
http://www.geocities.co.jp/bancodesrt/special/BFul_Wilck-intvw.html ベンジャミン・フルフォード:インタビュー(2011年9月) Exclusive Interview By David Wilcock(Sep. 14th, 2011) http://www.divinecosmos.com/start-here/davids-blog/975-undergroundbases 文字のリモコン 以下はデビッド・ウィルコックによるベンジャミン・フルフォ-ドへのインタビューです。(2011年9月14日収録 58分29秒) 米国向けなので米国中心の話しです。背景が灰色の英文は、インタビューを文字化した後に加えられた【ウィルコックさんの解説】です。金(きん)はゴールドと訳してあります。 「文字のリモコン」でフォントや行間などを変更できます。 スマホの方へ: 「青い太字」 や、画像の下などの略式URLはリンクです。全体的にリンクは画面左側に寄せてあります。 も く じ 1.ベンジャミン・フルフォード:金融ジャーナリストとして30年 2.白龍会・いくつものグループが協力している 3.ノルウェーのテロは1兆5千億ドルを強奪する試みだった 4.なぜこれが自然の地震ではなかったと思うのか 5.ネタニヤフは個人的に新たな核災害で脅す 6.国防総省が大虐殺に抗うため地下基地を爆破 7.反重力および「スターゲート」を含む隠されたテクノロジー 解説:宇宙軍の証人が名乗りでる(スターゲートII) 8.5,135の発明が機密にされている 解説:アブダクションは秘密結社の所有する「PLF」による可能性 9.どうして彼らは大量の人間を殺したいのか? 10.57カ国が秘密結社を倒す方法を議論するために集合 11.80カ国はどうやって実際に秘密結社を倒すのか 解説:ウィルコックの予測 12.秘密結社は「真実和解委員会」を受け入れるかもしれない * デビッド・ウィルコックについて リンクのページへ B・フルフォード(左) と D・ウィルコック(右) ▲ 1 ベンジャミン・フルフォード:金融ジャーナリストとして30年 ▼ Hi there. This is David Wilcock, and you’re listening to another Divine Cosmos audioblog exclusive interview with Benjamin Fulford. こんにちは、デビッド・ウィルコックです。お聞きになっているのはディバイン・コスモスのオーディオ・ブログ、ベンジャミン・フルフォード特別インタビューです。 Fulford has worked for Forbes Magazine as the editor for the Asia-Pacific region. People have tried to attack his credibility on this before, but it is documented. I have checked the references myself. フルフォードさんは、米経済紙「フォーブス」でアジア太平洋支局の編集長をしていました。以前、彼の信ぴょう性に対して攻撃が試みられましたが、それは文書として存在しています。私は自分でその参考文献をチェックしました。 [Ben has a free website -- benjaminfulford.typepad.com -- and a low-cost paid journal with free weekly summaries and occasional free articles at benjaminfulford.net. Major new updates appear every Monday morning on the paid site. I highly recommend going to benjaminfulford.typepad.com right now, as there are two major new updates on this site [1, 2] that give detailed, additional information on everything we are discussing here.] 【ベンは誰でも見られる自分のサイトbenjaminfulford.typepad.comをやっていて、それから無料でその週の要約が見られる廉価な有料ジャーナル《メルマガ》や、たまに無料の記事をbenjaminfulford.netに載せています。有料サイトは主に毎週月曜朝に更新されているようです。 今すぐbenjaminfulford.typepad.comに行くことをぜひお勧めします。そのサイトで2つの、ここで話している話題の詳細な追加情報が分かる重要な更新がありました。】 ●それぞれ左端のhttp://の部分がリンクになっています http://benjaminfulford.typepad.com/ http://benjaminfulford.net/ * ▲ 1a 事実を明確にしたい ▼ I want to set the record straight. I want to get the man to talk to you, the public, and hear, firsthand, what the hell is going on, who did this, why did they do this, and what are the implications. So Ben, that’s my intro. Let’s hear from you now. I’m very interested in this. 私は事実を明らかにしたいのです。あなたに話しをした人物を捕まえて、人々と聞きたい、直に、一体何が起こっているのか、誰がやったのか、なぜやったのか、それから何が予想されるのか。それではベン、前置きはこの辺で話を始めましょう。この件にとても興味があります。 (~03:39) BF: There has been a very esoteric battle over control of the dollar printing machine for the global financial system. What happened was that at the end of World War II, at the Bretton Woods accords of 1944, Britain, France and the US were given the right to control the world’s currency. They were supposed to have a Marshall Plan to develop Africa and Asia as well as Europe. They reneged on their promise, and instead started to fake a “cold war” with the Soviet Union – which was designed to support the military industries. BF(ベンジャミン・フルフォード): 世界の金融制度に使われるドル印刷機の支配をめぐる極めて内密な戦いがあるのです。第二次世界大戦の終盤、1944年のブレトン・ウッズ合意で、英国、フランスそして米国が世界の通貨を管理する権利を得ました。各国はヨーロッパと同様に、アフリカとアジアの発展のためにマーシャルプランを本来なら行うはずでした。各国は約束を破って、その代わりにソ連と見せ掛けの「冷戦」を始めて、それは軍需産業を支援するのが目的でした。 Then, the group of non-aligned nations – 77 nations – pooled their assets… all their wealth, their gold and other valuables … and set up some global collateral accounts. They wanted to use this money to start the Marshall Plans for Asia and Africa. その後、中立国の77カ国が、各々の資産を、各国のゴールドやその他の貴重品の資産を共同出資して、そしていくつかの世界担保口座を設立しました。彼ら中立国はアジアとアフリカのためのマーシャルプランを始めるために、この資金を使いたかったのです。 President Kennedy agreed to go along with this after he found out that there was a group that was trying to very seriously get the Soviet Union and the United States to annihilate each other. This was the Cuban Missile Crisis. The historical accord is called the Hilton Green Memorial. This is available to any serious researcher in financial history. President Sukarno [of Indonesia] was the signatory for the countries. He was going to give Kennedy – they gave Kennedy 140,000 tons of gold. Kennedy passed a law allowing Congress, not the Federal Reserve Board, to create dollars [from these gold-backed global collateral accounts given to the United States.] Kennedy also said, “Let’s go to the Moon, instead of this cold war, to stimulate industry. Let’s develop the poor countries and let’s develop space instead of having this fake Cold War.” ケネディ大統領は、ソ連と米国を極めて真剣に互いに壊滅させようとしていた一派があることを知った後で、これと協力することに同意したのです。これがキューバ危機です。歴史的な条約としてグリーンヒルトン・メモリアルがあります。これは真面目な金融の歴史の研究者なら入手できます。インドネシアのスカルノ大統領は各国のために署名しました。彼はケネディに与えるつもりでした。各国はケネディに140,000トンのゴールドを与えたのです。ケネディは、連邦準備制度理事会ではなくアメリカ連邦議会がドルを作ることを許可する法案を可決したのです。【国際担保口座から米国に与えられたゴールドの裏づけによって】ケネディは、さらに「冷戦の代わりに産業活性化のために月へ行こう。貧しい国々を発展させて、見せ掛けの冷戦の変わりに宇宙開発をしよう。」と言ったのです。 Kennedy did put out a lot of money, but he was assassinated. As you know, the public space program just disappeared in the 1970s when that funding ran out, and just stopped completely. President Sukarno was hounded from office. The international agreement that left Britain, France and the United States in charge of the world’s financial system expired in 1994. That is why they wound down the Soviet Union. After 1994, there was no accord at the very top level of the world’s financial system about who would be in charge next. There was a split in the ranks. ケネディはたくさんの金を支出しましたが、彼は暗殺されてしまいました。ご存知の通り、公の宇宙計画は財源が尽きた1970年代にまさに消滅して、完全に中断してしまいました。スカルノ大統領は公職を追われました。世界の金融制度を管理していた英国、フランスそして米国の国際協定が、1994年に期限終了となり無くなりました。そのため各国はソ連の幕を閉じようとしたのです。1994年になってから誰が次に管理するのかに関して、金融制度の最もトップレベルでの協定がありませんでした。そこで仲間割れがあったのです。 The Chinese and the non-aligned nations were pressuring the oligarchs who had been running things since World War II to hand over control of the dollar printing press – the financial system – but they were reluctant. The international court of justice at the Hague was sued by the Chinese over gold that the Federal Reserve Board owners sold them. 中国や中立国は、ドル印刷機《金融制度のこと》の支配権を第二次世界大戦以来、手中に収めてやってきた寡頭政治家たちに、圧力を加えていましたが、寡頭政治家たちは渋っていました。ハーグ国際司法裁判所では、連邦準備制度理事会の所有者たちが、売却したゴールドに関して中国に訴えられていました。 The Federal Reserve Board owners lost this lawsuit, and they were told to hand over the gold… starting on September 12, 2001. Instead, on September 11th, 2001, as you all know, they gave the world the finger and started this huge, fake, global war on terror. It was part of an attempt [at controlling the planet] by the fascist groups of World War II. 連邦準備制度理事会の所有者たちはこの訴訟に負けました。そして彼らは、2001年9月12日に開始となるゴールドの引き渡しを命じられました。その代わりに、2001年9月11日に、ご存じの通り、彼らは世界に対して中指を立て、とてつもない、やらせの、世界的なテロによる戦争を始めたのです。それは第二次世界大戦のファシスト一派による【地球を統制する】企みの一部なのです。 The Nazis and their fascist sympathizers in the US, and England, and Italy, [along] with a group that can be found within the military, in Congress, and in the Vatican, were going to set up a global fascist government. At the same time, they had this belief that there were too many people. Especially too many, according to them, inferior brown-type people. They wanted to reduce the world’s population by 90 percent. 米国や英国やイタリアのナチスやファシスト支持者たち、その他に軍部で、連邦議会で、そしてバチカンでも見つけられる一派が、世界的なファシスト政府を設立しようとしていました。その一方で、彼らには《この世界には》人間が多すぎるという確信がありました。特に多すぎるのは、彼らによると、劣等の茶色のタイプの人たちがです。彼らは世界の人口を90パーセント減らしたかったのです。 DW: This is documented? DW(デビッド・ウィルコック): それは記録がありますか? BF: Yes, it’s very well documented. I was invited to join this group by Heizo Takanaka, who was the Japanese finance minister for five years. I have a tape recording of this invitation to prove it. BF: ええ、十分な証拠(書類)があります。私は竹中平蔵に、この一派に参加するよう誘われました。その人は5年間日本の財務大臣でした。その招待を証明するテープ録音があります。 They were planning to hide in these underground bases after they set off a nuclear holocaust. The original plan was to start a nuclear war between Iran and Israel. [They would then] use that as an excuse to set up martial law in the G7 countries. Then [this new military strength would be used to] prepare for war against China. 彼らは核による大虐殺を引き起こしたら地下基地に隠れようと計画していました。オリジナルの計画では、イランとイスラエルの間で核戦争を始めるつもりでした。【彼らはその後】G7の国で戒厳令を敷く理由に、それを利用するつもりだったのです。その後は【新たな軍事力は】中国との戦争に備えています。 This plan fell apart when Russia kicked them out – and Putin re-asserted independence for Russia. That removed their control – the oil industry – and made that whole plan not work. The Chinese also stopped buying US treasuries for a while to put pressure on this group. ロシアが計画を放り出した時、この計画は崩れ、そしてプーチンはロシアの主体性を再び強く主張するようになりました。それで彼らの支配を排除したので、石油産業そして計画全体がうまくいかなくなりました。中国はさらにこの一派に圧力をかけるために、しばらく米国債を買うのを止めました。 So they switched strategies. Instead, they tried to suck up to China and offer them a world dictatorship… in partnership with this group. That’s why in public you saw Obama visit China in 2009 and offer a “G2”. This is how you can confirm this. それで彼らは戦略を変更しました。代わりに中国に取り入って、この一派と協同の世界独裁国家を提案しようとしました。そのため公的には、オバマが2009年に中国を訪問して、そして「G2」を提案したのをあなたは見たのです。このようにしてこれを確認することが出来るというわけです。 In any case, this group that carried out the 9/11 attacks has been under increasing pressure, and under isolation, at the very highest levels. They are running out of money. They are being cut off. いずれにせよ、9/11の攻撃を実行したこの一派は、まさに最高のレベルでますます高まる圧力にさらされ、そして孤立しています。彼らは資金を使い果たしたのです。孤立させられているのです。 DW: Ben, right before September 11th, a lot of people forgot about this. Donald Rumsfeld goes on national television and says that they “lost” 2.3 trillion dollars from the Pentagon over the previous decade. Does that have anything to do with this gold thing you are talking about? DW: ベン、9月11日の直前に、多くの人は忘れてしまいましたが、ドナルド・ラムズフェルドが全国《ネットの》テレビ放送で、過去10年間に国防総省から2兆3000億ドルが「《消えて》無くなった」と言ったのです。これはあなたの話のゴールドのことと何らかの関係がありますか? BF: Oh yeah. BF: ええ、あります。 That money was used to finance Blackwater – a private army not controlled by the Pentagon. The Pentagon would not let themselves be controlled by this cabal. So they were trying to do what the Nazis did in World War II – create an elite SS corps that could bully the regular military. That was where that money went to, as far as my sources are concerned. その金はブラックウォーターの財源にするため使われました。それは国防総省に管理されていない私設軍隊のことです。国防総省はこの陰謀団に自らを支配させませんでした。それで彼らはナチが第二次世界大戦でやったようにしようと、正規軍より優れたエリートのSS部隊《武装親衛隊》を作ろうとしました。私の情報筋によれば、これがその金の行方です。 DW: Wow. DW: おおっ。 ▲ 2 白龍会・いくつものグループが協力している ▼ BF: In any case, we were contacted by smugglers, drug smugglers… BF: いずれにしても、我々には密輸出入者、麻薬密輸入者から連絡がありました。 DW: Could you just say who “We” is, for a minute? DW: 「我々」が誰か、ちょっと教えていただけませんか? BF: “We” is a group of us who are involved in the fight to overthrow this cabal. It includes members of the CIA, the Pentagon, the [intelligence] agencies, and various [other groups], including Asian secret societies. We use the name White Dragon. There is another group that calls themselves the White Hats. We all have the same goal, which is to get this insane group of people out of power. BF: 「我々」とはこの陰謀団を倒す戦いにかかわる私たちの集団のことです。CIA、国防総省、【諜報】機関、それとアジアの秘密結社を含む様々な【その他の集団の】メンバーがいます。我々はホワイト・ドラゴン(白龍)という名前です。ホワイト・ハッツ《正義の味方たちという意味》と自分達を呼んでいる別のグループもあります。我々には皆同じ目的があります。それはこの狂った人間達の一派を権力の座から引きずりおろすことです。 DW: Some of the criticism I have seen from people on the Internet is, “If this group is so vast and so powerful to fight this cabal, why is Benjamin Fulford the only one talking about this?” DW: 私が見たネット上での人々の批判のいくつかに「このグループがこの陰謀と戦うのに、そんなに巨大でそんなに強力なら、どうしてベンジャミン・フルフォードたったひとりがこの話をしてるの?」とありました。 BF: These people like their secrecy – and I am a spokesperson. When you go to the White House, there is only one voice they give to the public. They prefer to work behind the scenes. You’ve got to realize we’re dealing in a world where they use assassination like most of us use tissue papers. BF: この人たちは秘密主義を好みます。そして私がスポ-クスマンです。あなたがホワイトハウスのひとになったら、たったひとりの代弁者《広報担当》を一般向けに置くと思います。彼らは舞台裏で活動するのを好むのです。大抵の人がティッシュを使うような感じで、彼らが暗殺をしている世界に対して我々が行動していることを理解しなくてはなりません。 DW: Sure. DW: もちろんです。 BF: I’ve had about six murder attempts myself. One of my colleagues, a CIA guy, was recently poisoned with ricin by these guys. Another one of our members in Switzerland has guards around his house, and they just shot someone last week near his house who was trying to kill him. Before that, they found a Mafioso by the name of Vincenzo Mazzamaro who had a gun and a sophisticated lock-picking device, and was trying to get into his place. Another one of us had a concrete bag miss him by a couple of inches last week. BF: 私自身は約6回の殺人未遂を経験しています。私の仲間のひとりのCIAの男は、最近やつらにリシン※を盛られました。スイスの我々の仲間の一人は、自分の家の周りを監視しています。やつらが先週彼を殺そうとして彼の家の近くで誰かが撃たれたのです。それ以前に彼らは、銃と最新式のピッキング装置を所持して、彼の敷地に入ろうとしたビンチェンツォ・マッツァロという名前のマフィアの一員を見つけています。我々の仲間のもうひとりは、先週コンクリートの袋にあと数インチで当たるところでした。 → リシン で殺されかけたフルフォード氏の仲間(11月24日の記事) ※リシン:トウゴマ(ヒマ)の種子から抽出されるタンパク質である。ヒマの種子に毒性があることは古くから知られていたが、1888年にエストニアのスティルマーク(en)が種子から有毒なタンパク質を分離し、リシンと名付けた。猛毒であり、人体における推定の最低致死量は体重1kgあたり0.03mg。(100kgなら3mg)毒作用は服用の10時間後程度。《ライスィンと発音されています。》 DW: Wow. DW: おおッ。 BF: We’re dealing with some very dangerous people. That’s why there is a need for secrecy. BF: 我々は非常に危険な人たちを相手にしています、だから秘密主義にしているのです。 DW: I’ve also speculated [the following reason why these Asian groups entrusted you with this responsibility.] You are in Japan, and you’re a “gaijin” – a foreigner, a white person. You have the background of being a distinguished editor for Forbes Magazine. You are bilingual, you do speak fluent Japanese. There are several videos you have released now that show that. [Start at 2:16 in this video for the latest example.] This might have been part of what gave you this platform to give these Asian secret societies a voice. Would you say that is correct? DW: さらに、私は【そのアジア人の集団が、この《スポークスマンをする》責任をあなたに託した以下の理由を】考えてみました。あなたは日本にいて、そして「外人」つまり外国人の白人です。あなたには経済紙「フォーブス」の有名な編集長としての経歴があります。あなたはバイリンガルで流暢な日本語を話します。ここにあなたが公開したそれを示すいくつかの動画があります。【最新例としてこの動画の2分16秒から見て下さい。】これがあなたにそのアジアの秘密結社の発言権の基盤を与えたことの一部だったのかもしれません。どうでしょう、違いますか? 国家非常事態委員会 9/13 ダイジェスト版 このインタビューと同じことを日本語で語るフルフォード氏 → http://www.youtube...: 上の動画へ BF: What happened in my case was that I asked a very simple and obvious question when I was at Forbes. The Japanese people – that includes both public and the private sector – have about 8 trillion dollars worth of assets overseas. BF: 私が体験した出来事は、フォーブスにいた時にとても単純で明快な質問をしたのです。日本の人達は、公共部門と民間部門の両方を含めて、約8兆ドル相当の海外資産を持っています。 DW: Eight trillion dollars? DW: 8兆ドル?(約800兆円、$1 = 100円として) BF: Yeah. That’s in the public record. You can go to the finance ministry homepage and the numbers are there. According to the UN development report, you need 400 billion to stop environmental destruction and 200 billion to end poverty. So I’m saying, “Hey, you guys, why don’t you end poverty and stop environmental destruction?” BF: ええ。公記録にあります。財務省のホームページに行くと、その数値が載っています。国連の開発報告によれば、環境破壊の防止に4000億、貧困撲滅には2000億が必要ということです。それで「なあみんな、どうして貧困を撲滅して環境破壊をやめられないんだろう?」って言ったんですよ。 DW: Okay, hold on, hold on. DW: なるほど、ちょっ、ちょっと待って。 BF: It’s a no-brainer! BF: 考えるまでもない! DW: 400 billion is all it takes to completely stop environmental destruction? How is that possible? DW: 環境破壊を完全に止めるため必要なのは4000億なんですか? どうやってするんですか? BF: That’s an annual budget. This is the UN development report. You’d have to go through their experts and find out how they did those numbers. BF: それは年間予算です。これは国連の開発報告です。国連の専門家にしかるべき手続きを踏んで、どうやってその数字になったのか調べなければならないでしょう。 DW: Okay. But that’s public domain. So the eight trillion is vastly more than what it would take to end poverty and stop environmental destruction. DW: なるほど。でも公共財産ですよ。だから8兆は貧困撲滅や環境破壊防止に必要な分を大幅に上回ります。 BF: Yeah. BF: そうですね。 [Wilcock note: Elsewhere, Fulford said he found that a significant percentage of Japanese revenue was being paid to the oil cabal – thanks to exploitive reconstruction contracts with high interest rates that were signed after World War II. These contracts were reinforced with bribery, blackmail, death threats and assassinations of Japanese government officials who didn’t agree.] 【ウィルコックの注記:他のところでフルフォードは、第二次境大戦後に署名された高金利の搾取的な資源開発の復興協定の結果、日本人の収入のかなりの割合が、石油の陰謀(団)に支払われていることに彼は気が付いた、と述べている。 このいくつかの協定は、同意しなかった日本政府関係者への収賄、恐喝、殺害の脅しおよび暗殺によって強固なものになった。】 BF: The other thing is that if you look at the statistics, you realize that 90 percent of the world’s savings was being sucked out of the system by the US military-industrial complex. BF: あと、統計を見れば、世界の貯蓄の90%を米国の軍産複合体によって《今の》体制から吸い取られていたことに気が付くでしょう。 DW: How do you prove that? DW: どうしてそれが分かるんですか? BF: I was a financial journalist for 25 years. This is all public-record stuff. BF: 25年間金融ジャーナリストをしていました。これはすべて公記録の物です。 DW: Ninety percent of the US budget is going to the military. DW: 米国予算の90%が軍部へいくことになっていると。 BF: There’s an easy way to check. Just look at the US external trade deficit and compare it to the US military budget. You’ll find an amazing similarity over the years. BF: 確認する簡単な方法があります。米国の貿易赤字と米国軍事予算を比較してみて下さい。長年にわたる驚くべき類似性に気が付きます。 DW: (Laughs) DW:(笑) BF: That’s for the simple reason that the military does not produce tradable goods. They were a parasitic entity on the world economy. BF: これは軍部が貿易財を作らないという単純な理由からです。彼らは世界経済に寄生する存在だったのです。 What I said was simply, “Look. Why don’t you just stop paying for this military?” I told this to the Asians – “and instead ask them to [end poverty and environmental destruction] and set them to exploring space?”It’s the sort of thing that’s just common sense. 私はさりげなく「なあ、この軍隊に金を払うのをやめたらどうだろう?」と言ったのです。私はそうアジア人たちに言いました。それどころか彼らに「【貧困撲滅と環境破壊防止】そして軍部は宇宙探査を始めるのはどうかな。」と聞いたのです。こんなことは単なる常識です。※ DW: Okay, Ben, your audio just cut out on that last sentence. [Missing content was replaced in brackets.] DW: 分かりました。ベン、音声が最後の部分で途切れてしまいました。【欠けた部分はカッコの中に補っています。】 BF: I think that is common sense. BF: 「常識です」だと思います。 DW: Okay. DW: 分かりました。 ●フルフォードさんの音声が一部途切れて、上の※からここまでの会話がやや噛み合っていません。 ▲ 2a 暗殺命令 ▼ BF: What happened was that an assassination order came out for me. The South Korean secret police informed the Chinese that there was an order to have me killed. You can check. My colleague Paul Klebnikov, the Moscow bureau chief for Forbes Magazine, was shot nine times outside of his apartment in Moscow. He was still alive when the ambulance came an hour later. He got to the hospital and he was put in the hospital elevator. The elevator was stopped for eight minutes – and he died in the elevator. He was investigating a member of this same group that I was. He was investigating Boris Berezovsky, one of the oil tycoons. I was investigating Heizo Takenaka – but they all go back to the same cabal. BF: 私に暗殺命令が出されたことがありました。韓国の秘密警察が中国に、私を殺す命令が出ていると情報を通知したのです。確認できますよ。私の同僚だったポ-ル・クレブニコフ「フォーブス」モスクワ支局長は、モスクワの彼の集合住宅の外で9回撃たれました。1時間後に救急車が来た時、彼はまだ生きてました。彼は病院へ到着してから病院のエレベーターに運び込まれました。エレベーターは8分間止ったままでした。そして彼はエレベーターの中で死んだのです。彼は私がしたように、この同じ一派のメンバーを調査していました。彼はボリス・ベレツフスキーという、石油王のうちのひとりを調査していました。私は竹中平蔵を調査していましたが、彼らはみな同じ秘密結社へと遡るのです。 DW: Right. DW: なるほど。 BF: In any case, the South Koreans told the Chinese that an assassination order was out for me. This was because of my publicly calling for the Asians to stop spending their savings on this vast military machine. You have got to remember, during the Cold War they actually had this anti-Communism excuse. But, the War on Terror was so obviously fake that it was just ridiculous to anybody who does any serious research or investigation. BF: いずれにせよ韓国は中国に、私に暗殺命令が出ていると伝えたのです。私がおおっぴらに、アジア人にこの巨大な軍事機構へ自らの貯蓄を費やすのを止めるよう提唱しているからです。冷戦中に、彼らが実際に反共産主義を言い訳にしたのを思い出すのです。しかしテロとの戦いは、それは明らかにイカサマで、どんな真剣な研究や調査をする何者にとってもまったく馬鹿げてました。 DW: Right. DW: そうですね。 BF: I got invited to join a Chinese secret society that offered me protection from this assassination order – and that’s how I found myself in this secret world of financial power. The group that offered me protection was the group that was behind the non-aligned nations. It crosses borders. If you think in terms of countries, you don’t understand how these people work. They have big factions in China, in the US and in Europe – both against and for them. It crosses borders. If you think in terms of nation-states, you won’t understand how these groups work. BF: 私は、この暗殺命令から私が守られるようにしてくれた中国の秘密結社に、加わるよう招かれたのです。そんなふうにして、私は自分がこの秘密の財界の勢力の中にいることに気が付いたのです。私が守られるようにしてくれた集団は、中立国の裏側にいた集団でした。国境を横断しているのです。国を単位として考えると、その人達がどうやって活動するのか分からないでしょう。彼らは中国にも、米国にも、ヨーロッパにも大きな党派が、対立や同調しながらあります。国境を横断しているのです。民族国家を単位として考えると、この集団がどうやって活動するのかは分からないでしょう。 In any case, a financial battle started. There were many, many public salvos. In 2006, the Chinese wanted to use their dollars to do something other than buy Treasuries. They tried to buy the oil company Unocal. Congress passed a law saying they could not. So then they took their dollars and they went to Africa, South America and everywhere, and started spending them on real things – like mines and agricultural land and commodities. Not virtual things – like fancy and impossible to understand derivatives products, which are basically con jobs. いずれにせよ金融の戦いは始まりました。たくさんの公的な攻撃がありました。2006年に中国は、手持ちのドルを米国債の購入以外の何かすることに使いたかったのです。彼らは石油会社ユノカルを買おうとしました。連邦議会はそれを実行不可能にする法案を可決しました。それでその後中国は、手持ちのドルとともにアフリカに行き、南米に行き、そしてどこへでも行き、現実のものに、鉱山や農地や商品《作物や鉱物》のようなものに使い始めたのです。法外な価格の理解不可能なデリバティブ(金融派生商品)のような仮想のものではなくて、あれは基本的に詐欺ですから。 DW: Ponzi schemes. Yeah. DW: ええ、ねずみ講ですね。 BF: Yeah. BF: そうです。 The other group tried to retaliate by jacking up food and oil prices. Remember there were hunger riots in 33 countries at one point. 一方の相手側勢力は、食物や原油価格を引き上げることで報復しようとしました。一時、《飢えによる》食料暴動が33カ国であったことをを思い出して下さい。 DW: Yeah. DW: そうですね。 BF: It was an economist at the World Bank who pointed out the reason people were going hungry was that they were paying farmers to grow oil [ethanol made from corn] instead of food. That put an end to that. BF: 世界銀行に、ひとが空腹になっていったのは、食物の代わりに油【トウモロコシから作るエタノール】を得るために農民に金を払っていたからだと指摘していた経済専門家がいました。それを止めさせるのです。 Then there was a counter-attack. The [leaders of the cabal] were told that we would no longer accept dollars printed within the United States. That’s what you know of as the Lehman crisis. その次に反撃がありました。【秘密結社の首謀者たち】が、我々はもはや米国内では印刷されたドルを認めないつもりだと告げたのです。これがリーマン危機《リーマン・ショック》として知られているものです。 You can check this in the public record. If you look at Japanese export statistics, from October or November 2008, after the Lehman shock, you will see something like a 76 percent year-to-year drop in Japanese car exports to the US. This was the Japanese and other people saying, “You can no longer use paper to buy stuff from the rest of the world. You have to trade with real things.” Of course, your public was not let in on this. 公記録の中でこれを確認することができます。日本の輸出統計を見れば、2008年10月か11月からリーマン・ショック後に、米国への日本の自動車輸出品が約76%も対前年比で減少したのが分かります。これは日本やその他の人達が「もはや世界からものを買うのに紙切れは使えない。本物で取引するのだ。」と言っていたのです。 もちろん、《米国の》一般の人々はこれを理解していません。 DW: That’s where I think people’s brain is going to get busted. Nobody publicly knows that this Lehman shock had anything to do with Asia. DW: そこが、私が人々の脳は調教されようとしていると思うところです。誰もリーマン・ショックがアジアとなんらかの関係があったことを公には知りません。 BF: Yeah, I know. The way you can check it is to look at the export-import statistics after the Lehman shock. The other way to check it is to look at the Baltic Dry Index. That’s the price of shipping. BF: ええ、そうなんですよ。それが確認できる方法は、リーマン・ショック後の輸出入統計を調べるのです。確認する別の方法は、バルチック海運指数※を調べるのです。これは船積みの運賃です。 ※バルチック海運指数:正式にはバルティック ドライインデックスと言ってロンドン海運取引所に上場している鉄鉱石や穀物を運ぶ不定期船の運賃指標。(投資情報インベストウォーカー) You will see that the price of shipping dropped 90 percent right after the Lehman shock. 船積み運賃がリーマン・ショック直後に90%下落したのが分かります。 DW: Wow. DW: すごいな。 BF: That’s because the ships were no longer going to the US, full of stuff, and then leaving empty [with nothing but worthless paper and IOUs]. These are ways people can verify what I’m saying with public-record information. BF: これは船がもはや米国には貨物を満載して行かずに、それから空のまま[紙くずと借用証書とともに]出港していたからです。このようなことは、私が公記録情報を元に言っていることを誰でも検証できる方法です。 DW: Good. Okay. DW: すばらしい。なるほど。 (~21:23)
安倍首相は善き人か、悪しき人か-フルフォードレポート http://ameblo.jp/jicchoku/entry-11540285371.html 今週分のフルフォードレポート(英語版)です。 本当にこれが真実なら、うれしい。(何度も何度も、フルちゃんには裏切られてきたからね) ところで、あれだけマスゴミに叩かれる安倍首相は”善き人”かも。 事実は、自衛隊の若手将校とつるんで選挙を乗っ取り、民主党政権を潰した。(これは賛成) 誰が後ろで意図を引いているのだろうか。。。。。。。。。CIA???? 違うと思いますが、、、自信なし。 さて、今週のフルフォードレポートも絶好調です。 お楽しみください。 --------------------------------------- サバティンマフィアとNWO世界独裁を支配すると言う彼等の計画に対して、明らかに潮目が変わった兆候が出ている。例えば、フランシス教皇は6月に南アフリカを訪問する時に、金融専制と国際担保勘定をテーマにスピーチすることが期待されていると、P2ロッジフリーメーソンのメンバーは言う。 オバマ大統領は先週末、米国政府が不正を行っており、その方法を修復する準備をしていることを基本的に認めるスピーチをした。 しかしサバティンはまだ諦めておらず、最終的敗北の前にいくつかのさらに厄介なトリックを仕掛けてくる可能性がある。最近のスェーデンの大量車火災、英国の斬首、フランスの刺殺などは全て、長期に計画されたイスラム/キリスト教徒間の戦争を挑発する必死の陰謀努力の一環と思われる。解決が必要なイスラエルの問題もまたある。 日本ではまた、安倍首相のアベノミックスを脱線させる目的で市場で不安定さを引き起こす騒動を行っている。これはまだ日本の支配をめぐる戦いが終わっていない一例です。最近に日本の選挙が安部の為に徒党のロックフェラー、ゴールドマンサックス、CFRによって盗まれた兆候です。 近年の日本の選挙は安倍に議会の独裁的支配を与える2/3を与える為に、ムサシという会社が作った機会によって行われる。我々としては一部しか確認できない右翼の活動家による調査によれば、ムサシの所有者は前ゴールドマンサックス従業員とピーターグレイガーと言うCFRメンバーによって運営されるFortress Asset Management LCC というダミー会社を通じて追跡された。我々が複数の情報から確認できたことは最近の選挙は日本の防衛省の若手を含む連合によって盗まれた。 これら全てが意味するところは確かではないが、他の情報源から日本は二派に真っ只中で割れていることは確かのようだ。一派はロックフェラー、ゴールドマンサックス、そしてCFRで徳仁妃のロックフェラー三極委員会メンバーの小和田恒の娘雅子を天皇の役割を代替させ日本を支配しようとしている。他派は弟の秋篠宮が引継ぎ、王位は日本人純粋に保とうとしている。 ロックフェラー派は北朝鮮との正常化、朝鮮半島の統一は望んでいない。それは徒党の秘密金融支配を取り除くことになるから。だからと党派なんとか東アジアで挑発をしようとしている。 にも拘らず、朝鮮半島の統一と北東アジアの平和への動きは進んでいる。挑発するよう徒党によって買収された北朝鮮将軍達と日本の右翼は取り除かれた。 にも拘らず、日本を解放する戦いは遥か飢えのほうからのものであり、67年にわたる残忍な占領の影響は未だ感じられる。この占領で利益を受けてきた売国奴たちはこの権力を失い、日本人に真実を知られることには非常に消極的である。 日本においてまだ明らかではないことは、アベノミックスが日本経済を救うのか、東アジアにおけるゴールドマンサックスの利益を救うのか、どちらなのか。飛び込んできた日経平均や金利の上昇と超円高等の最近の市場の乱高下は徒党のブッシュ派によって演出されており、反アベノミックスの応援団長であるテキサスを拠点とするヘッジファンドマネージャーのキル・ボスに行き当たる。彼の論理は日銀が一兆円の国債を市中から購入すれば結果は金融独裁政治になるという。もしこれが起こると日本銀行は民間金融機関から金融市場の支配を引き継ぐことは明らかで、また日本政府の負債も削除されることは明らかだ。このシナリオに終点での疑問は日銀が目に見えない公共のものか、私的独占かである。その結果は日本で現在進行中の派閥争いによる。 いずれにしろ、米国、欧州その他の世界における変化は、日本の売国奴にとって究極の敗北は時間の問題である。 以上から言えることは、米国軍隊はこれ以上徒党の言うことに従わないことは明らかだ。米国の戦争犯罪を認め、そのような犯罪を止めることを約束した先週末のオバマの演説は明らかな例だ。 http://www.veteranstoday.com/2013/05/26/obama-surprise-admissions-in-terror-talk/ 国務省と上院の命じられても国防省がイスラエルがシリア政府を転覆させるのを助ける為に軍隊や兵器を送らないのも明らかな例だ。その代わりに、ロシアはイスラエルの方へその太平洋の艦隊を送って、彼らが引き下がらないならば、イスラエル政府にとって、彼らがロシア(そして、米国の手助けでない)との戦いにいるのに気づくだろうことを明らかにしました。 さらに、イスラエルの秘密同盟国サウジアラビアの王が死んでいると言う報告がある。 http://www.presstv.ir/detail/2013/05/26/305584/saudi-arabias-king-clinically-dead/ 世界にサバティン王国から石油を買わせとつが管理する銀行へ金を預けさせている徒党がピンチなことは明らかだ。 また先週、中国NO.2の李克強はインド、スイス、ドイツに行ったのは、スイスを仲介者として180カ国連合とEUの関係を調整する動きの現れである。 http://www.xinhuanet.com/english/special/lkq201305/index.htm 中国とスイスは自由貿易協定を開始するための覚書二調印した。中国と西洋の国との間の最初の署名である。また、新華社通信によると、両国は 共同で公平、正義、包括性と秩序を備えた新たな国際金融秩序の確立を促進するための試みに合意した。 このような生産的かつ友好的外交に反して、徒党はレース戦争を始める企てとしてスェーデンで車火災のようなことを起こすのに忙しい。英国では兵士の斬首は事実であるとM15は言う。英国でもレース戦争を開始する計画があったらしい。しかし、作戦は期待された混乱を引き起こせず、高度の計画者が逮捕されている。カメロン首相の反応はイビザへの休暇であり、労働党リーダーとしての彼の日数はあとわずかであると、M15は状況を纏めた。 最後にもう一つのメモ。日本の精神病院で強制的に薬漬けされた1ヶ月を耐えて、今彼は自由である。 未知との遭遇までノラリクラリ。Φ(;´π`)φ キーワード: 宇宙人 陰謀 ウイングメーカー・リリカス http://ameblo.jp/z777x888/entry-11540901522.html
◆尖閣問題、アルジェリア人質事件、マリ侵略工作の背景◆ Tuesday, January 22, 2013 尖閣問題、アルジェリア人質事件、マリ侵略工作の背景 転載元:ベンジャミン・フルフォード有料メルマガ≪2013/1/21号 VOl.207≫ 日中における尖閣諸島問題をめぐり、気性が激しい男性ホルモン過多の連中が騙されようとしている。 1960年代、中国はインドとロシアとの間で国境問題による2つの武力衝突(1962年:中印国境紛争・1969年:中ソ国境紛争)を体験しているが、中国新政権のタカ派は、それらと同じような地域戦争を日本ともやりたがっている。 これに対し、日本の右翼も『かかってこい』というスタンスを露わに徹底抗戦を主張している。 そ して従来は親日であるはずの台湾も、日中が交戦するとなれば中国側と組むつもりだ。台湾も中国と同様に1971年から尖閣諸島の領有権を主張しており、こ の原稿を書いている段階では、何者かがグーグルアースの尖閣諸島・魚釣島の上に台湾国旗の画像を細工しているのが確認できる。 この両側を煽り立てているのは、欧米のサバタイ派マフィアたちである。 国際金融界が世界的な大変動へと向かう最中、彼らは掌握する各国の中央銀行制度(民間中央銀行が無から貨幣を創造し、国や個人に貸し付ける仕組み)の維持に向けて、何としてでも世界に戦争を起こしたい構えだ。 戦争が始まれば、その両国に武器を売却し、資金を貸し出すつもりでいる。そのために今、彼らは日本と中国でお金をばら撒き、戦争を煽るための工作に必死で勤しんでいる。 2011年3月11日に日本国民2万人以上の命を奪った欧米のマフィアたちに騙されて、また多くの日本人と中国人が命を落とそうとしている。 改めて、戦争をやりたいと言う人たちに問いたい。世界平和を実現して かつて無い程の豊かな時代を切り開くことと、隣国同士で殺し合いをすること、どちらを選ぶのか? https://foomii.com/reader/check/00006 ◆ベンジャミン・フルフォード新刊発売のお知らせ 1月22日『日本に仕掛けられた最後のバブル』が青春出版より発売されます。宜しくお願いします。 債務問題の期限が迫るアメリカ、金融危機で揺れるユーロ。後のなくなった欧米の闇の支配者たちは1500兆円といわれる日本の個人資産に狙いをつけ、いったん経済をバブル化させてから収奪しようとしている。 その伏線としての消費増税、インフレ、TPPなどが仕掛けられている。 こうした事態に対して、日本国民はどのように対応すればいいのか?今後の経済はどのような方向に向かうのか?裏世界の視点から解説する。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ベンジャミン・フルフォードの国内外 金融・経済・政治の裏事情レポート

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



◆ 米国と中国の政変を目前にして交錯する各勢力の思惑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2012/10/22 号 VOl.196≫


先週中に行った様々な取材から得た情報を総合すると、11月8日に控えた中国
とアメリカの政変劇を前に、欧米権力マフィア、ペンタゴン、中国共産党、
中国王族、日本の右翼、やくざ、金融資本家、ロシアマフィア…など、多くの
勢力が、空転しながらも各々の思惑を抱えて 裏で工作に勤しんでいる様子が
窺える。

特に気になるのは、アメリカにおいて、自発的に集まった1300万人の一般米国
市民(18-45歳の男子)によって構成される準軍組織:ミリシア(militia /
平時においては他の職業についている民間人を緊急的な軍事要員として編成す
る民兵組織)の主要4大組織を動員するよう上から命令が出ている、との証言
がペンタゴンやCIAなどの当局筋から出ていることだ。

建前の理由としては、11月に行われる大統領選(裏では、八百長選挙だろうと
思われている)を控え、その前後に予測されるトラブルに対処するためだと言
われている。確かに、今のアメリカの世論を見ているとロムニーが選挙に勝っ
た場合には、黒人を中心とした一般アメリカ市民が暴動へと動き出すのは時間
の問題となりそうなのだ。

しかし実際のところ、その命令が下る直接の引き金となったのは、アメリカの
プロ野球中継のために打ち上げられたとされる人工衛星から人間に催眠を施す
種類の不審な周波数が確認されており、これが『アメリカへの攻撃』と見なさ
れたからだ、と同情報源は話している。ペンタゴンは、これを画策した首謀者
を『ヨーロッパを中心とした貴族マフィアである』と分析している。

ちなみに、ヨーロッパ経済に関する話題が日本ではあまり報道されなくなって
いるようだが、アメリカと同様、ヨーロッパの実体経済は依然として低迷した
ままだ。欧州市民の生活は、ますます苦しくなってきている。



【 各国政変への動き 】

日本に関する話としては、『近い将来、新国際金融システムへの移行を阻んで
いると思われる何人かの永田町権力者が病死する予定だ』との知らせが闇組織
から届いている。その闇組織というのは、これまでサバタイ派と呼ばれる欧米
権力マフィアの下請け業者として殺人などを請け負ってきたグループなのだと
いう。

最近になって彼らは、欧米勢が進める人口削減計画の一環として、日本国民の
生活環境の中に疫病や不妊・性的不能に陥らせる成分、また発癌性物質などが
長年に亘ってばら撒かれていた事実を知り、これに協力をしてきた永田町、霞
ヶ関、医療業界、製薬会社関係者などのパージにも乗りだす予定だと伝えてい
る。いずれにしても、脳梗塞や心臓発作、癌の発症などが、一部の人間たちの
間で続発すると聞かされている。心当たりのある方は、今後の健康状態に十分
ご注意ください。


なお、アメリカにおいては既に、『かなりの数の逮捕者、並びに突然死をした
人間が報告されている』とペンタゴンやCIA筋が情報を寄せてきている。
さらに今年に入ってからのアメリカ議会は、会期中にも拘らず休会されること
が非常に多く、9月以降にも7週間の議会休止が発表されている。建前上は、
「議会選挙の準備のため」とされているが、実際には、米国内の体制の変化を
察知したワシントンD.C.の議員たちが、軍部によるクーデターの到来を見越し
て地元へ逃げ帰っているのだとペンタゴン筋は話している。

ただこの先、ミリシアを含むアメリカ軍が実際にどう動くのかは 今のところ
定かではない。ペンタゴン関係者に問い合わせたところ、『情報が漏洩しない
よう、その詳細は一部の幹部にしか明かされていない』とのことだった。その
ため、裏では今後の米国内の動きを推測するに止まっているが、中でも有力と
されているシナリオは以下の通りだ。
1つは、大統領選と議会選の前に軍部によるクーデターが始まり、選挙自体が
キャンセルとなる、というシナリオ。もう一つは、大統領選の不正疑惑などの
トラブルを理由に軍部が混乱収拾のために動き出す、というシナリオだ。
いずれにせよ、軍部による臨時政権ではペンタゴン上層部全体による共同支配
となる見込みだ。
ただし、ずっと以前から『ペンタゴンが動く』との情報が流れていながらも、
実際には目に見える行動にまでは至っていないのが現実。この情報に関して、
彼らが実際に動くのを確認するまでは半信半疑の姿勢でいた方がいいだろう。


一方、中国では習近平体制の基盤が既に固まっているため、政変劇に伴う中国
国内での大きな混乱はなさそうだ。
ただし習近平体制へと完全に移行したあかつきには、対日工作として中国企業
による日本の大手企業買収の試みが 順次に開始されるだろう、と情報源は話
している。さしあたり過去に一部上場していた企業や現時点で経営状況が悪化
している上場企業を先ずは買収し、それを突破口にして日本における経済活動
の場を広げていくことが目下の狙いなのだという。また、中国新体制下で実施
されるこの対日工作に関しては、一部の欧米資本家たちとの連携も考えている
ようだ。

中国側としては、これから日本の景気に中国が良い作用を与えることでソフト
パワーによる日本への影響力を増大し、さらには 映画やテレビなどを通じて
中国文化を普及することなどを日本に対する当面の国家戦略として考えている
という。これについて、中国政府筋は『日本が中国企業の進出を不当に防ぐよ
うなことがあれば、報復として中国国内にある日本企業に圧力を掛けるつもり
だ』と話している。
しかし、こうした中国の戦略が 仮に欧米のハゲタカのような性質を持ち合わ
せているようであれば、当然ながら日本は断固その防衛策を講じていかなけれ
ばならない。



【 新時代の始まり 】

日本の政界にも選挙を見越しての様々な動きが見られるようになっているが、
選挙後には『民主党の議席は2桁にまで激減し、自民党も以前よりは大きく議
席数を伸ばしながらも単独過半数を取るまでには至らず、結局は日本維新の会
がキャスティングボートを握る』といった構図に収まると見るのが現時点では
妥当だろう。そして結果的に、この3政党が1つの大きな連立政権を敷く可能性
も大いにあると思う。
さらに、『今後は、皇居を含めた日本の中枢機能を関西へと移転させることも
検討される』という話も、以前に増して聞かれるようになってきている。

また裏では、そうした動きに合わせて日本やアメリカ、ヨーロッパ諸国、中国
などから優秀な人材を集めて、日本に新たな国際機関:「国際経済企画庁」を
設置しようではないか、という動きがある。これについて、ペンタゴンや
CIA、中国政府関係者、英国王室、日本の大物右翼筋などに尋ねてみても、今
のところ反対する声は聞こえてこない。
現在のように特定の国や地域、民族などの利害を巡って水面下で工作を練るよ
りも、そろそろ同じ地球に住んでいる者同士、『お互いが共存共栄できる1つ
の村のような世界を構築する』という発想に転換していく時期が到来している
のは間違いない。実際に、新らたな時代が既に始まっていることを示す多くの
サインが世界各地で見受けられるようになってきている。

例えば南米や北米において、これまで違法とされ、一部権力者たちの裏資金源
となっていた大麻の合法化が進んでいる。ウルグアイ政府などは 既に大麻を
合法的に販売する方針を正式に発表しているし、米国カリフォルニアでは議会
選や大統領選の投票を促すために 一般市民に対して大麻を配る地域まで出現
している。
さらに言うならば、世界各国で大麻の合法化が進む中で、このトレンドに取り
残されているのは、戦前まで古来の文化として麻が生活に根付いていたはずの
日本と、隣国の韓国だけだと言われている。

また最近では、世界一の原油埋蔵量を誇るサウジアラビアの政府が、石油の
エネルギー資源としての活用に限界を認め、新エネルギー産業への転換を公式
に発表している。サウジ政府によると、『将来的に、石油は製造物の原材料と
して捉えていく』とのことだ。
http://www.guardian.co.uk/environment/2012/oct/19/saudi-arabia-renewable-energy-oil
さらにカナダの西海岸北部では、死んでしまった海に豊富な栄養素をばら撒い
てプランクトンを発生させ、以前のように魚の量を増やしていくための試みが
開始されている。
http://www.guardian.co.uk/environment/2012/oct/15/pacific-iron-fertilisation-geoengineering

ここで紹介したのは全体のごく一部ではあるが、それだけでも 長年に亘って
封印されてきた技術や農産物などの解禁が既に始まっているのが分かるだろ
う。このプロセスは、加速しながら日に日に世界に拡大している。時代は、
『ドラえもんの世界』の実現へと確実に動き始めている。

                   Benjamin Fulford
-----------------の
★【バックナンバーはこちらでご購入頂けます】
⇒ http://foomii.com/00006/articles
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ 本メールマガジンの著作権は執筆者であるベンジャミン・フルフォードに
属します。執筆者公式HPのブログに掲載される冒頭部分を除きまして、転載・
転送・再配布することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【★ 電子書籍発売のお知らせ 】
------------------------------------------------------------------
電子書籍版『ヤクザ・リセッション ~さらに失われる10年』がAppStoreにて
発売開始されました。宜しくお願いします。

『ヤクザ・リセッション』は、2003年に光文社ペーパーバックスより初めて
発売されました。当時、この本によって初めて僕の名前を知った方も多かった
と思います。本書にはフォーブス時代を含め、長い時間をかけて行ったその頃
までの日本社会に対する取材が凝縮されています。興味のある方は、是非とも
読んでみて下さい。

● AppStore :
http://itunes.apple.com/jp/app/yakuza-risesshon-sarani-shiwareru10nian/id534423940?mt=8&gpccid=17237
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【書籍の紹介】
---------------------------------------------------------------------
・『仕組まれた円高』(青春出版)
http://www.amazon.co.jp/dp/4413043499/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=
1327918341&sr=1-2
---------------------------------------------------------------------
・『メルトダウンする世界経済―闇の支配者と「金融大戦争」のカラクリ』
(イーストプレス)
http://www.amazon.co.jp/dp/4781607098/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=
1322507304&sr=1-1
---------------------------------------------------------------------
・『図解「闇の支配者」頂上決戦』(扶桑社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594064981/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=
1319602414&sr=1-1
---------------------------------------------------------------------
・『闇の支配者“環境戦争”』(フォレスト出版)
http://www.amazon.co.jp/dp/4894519305/
----------------------------------------------------------------------
・『闇の支配者たちが仕掛けたドル崩壊の真実』(青春出版社)
http://www.amazon.co.jp/dp/441303774X/
----------------------------------------------------------------------
・『図解 世界「闇の支配者」』(扶桑社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4594062474/    
----------------------------------------------------------------------
・『勃発!第3次世界大戦 World war Ver. 3.0』(KKベストセラーズ)
http://www.amazon.co.jp/dp/458413300X/   
----------------------------------------------------------------------
【お問い合わせ】

メルマガ未着やシステムに関するお問い合わせは 登録しているメールアドレ
スとメルマガタイトルを明記のうえ、下記アドレスまでお願いします。
【 発行元:Foomii 】⇒ info@foomii.com
( ※ ただし、土・日・祝日はお休みとなっておりますのでご了承下さい。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ご質問・ご感想はこちらまでお願いします 】
⇒ kokunaigaiurajijyoureport@gmail.com 


【 登録解除はこちら 】
⇒ https://foomii.com/mypage/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■マガジン名/ ベンジャミン・フルフォードの国内外 金融・経済・政治の裏
事情レポート

■発行者/ ベンジャミン・フルフォード

■所属事務所/ http://www.master-mind.jp
   
■ホームページ/ http://benjaminfulford.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
HOME  → NEXT
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright (C) 2017 コラム ニュースの裏 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]