忍者ブログ
ベンジャミンフルフォードからのメッセージ
[21]  [20]  [19]  [10]  [18]  [9]  [8]  [4]  [3]  [7]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

欧米の内部対立と「金融危機」~ BISか人工頭脳か?Add Star

ベンジャミン・フルフォードの国内外金融ウラ事情レポート(≪2012/6/25号 VOl.180≫)のリポストです。

ハイライトです。

米国内で米国議会オバマ大統領の座から引き摺り下ろそうと本格的に法的手段へと乗り出している。
オバマが任命した司法長官:エリック・ホルダー(Eric Holder)に法的処置を課すための手続きが始まった。共和党が優勢となる同委員会では、メキシコで行なわれていた銃密売捜査の情報開示を怠った、としてホルダー司法長官を「議会侮辱罪」
に問う方針だ。
しかしオバマがホルダーを擁護し、これを拒否したために、ウォーターゲート事件発覚によりアメリカ史上で唯一任期中に辞任に追い込まれたリチャード・ニクソン大統領のように、オバマに対しても訴追の手続きが始まっている。
この弾劾のプロセスには数ヶ月の時間を要するが、オバマ政権の終わりに繋がる可能性は極めて高い。
先週ホワイトドラゴン関係者が、日本銀行フリーズされている7000兆円の凍結解除に向けて協力を得るため、その資金を凍結した大元であるBIS国際決済銀行)と繋がるヴァチカンイエズス会代理のもとに赴いた。

イギリス当局筋によると、その人工頭脳の1つはニューヨークのJ.P. Morgan本社ビルにあるコンピュータにも存在し、その
人工頭脳が取引を行う場合には取引所のコンピュータに比べて常に0.5秒~30秒ほど先取りして情報を処理しているのだという。

---
米国オバマ大統領の精神的異常とも取れる常軌を逸した行動は、ますます酷く
なるばかりだ。先週も、G20会議の場でオバマが『この金融危機を解決する
ためには、世界全面核戦争を引き起こすべきだ』とロシアプーチンに対して
異常な発言をしていた、という話が複数の筋から寄せられてきている。
こうした異常な言動を繰り返すオバマ求心力はもはや無くなり、米国内では
米国議会オバマ大統領の座から引き摺り下ろそうと本格的に法的手段へと
乗り出している。

先週、下院の監視・政府改革委員会において賛成多数が可決され、オバマが任命
した司法長官:エリック・ホルダー(Eric Holder)に法的処置を課すための
手続きが始まった。共和党が優勢となる同委員会では、メキシコで行なわれて
いた銃密売捜査の情報開示を怠った、としてホルダー司法長官を「議会侮辱罪」
に問う方針だ。
しかしオバマがホルダーを擁護し、これを拒否したために、ウォーターゲート
事件発覚によりアメリカ史上で唯一任期中に辞任に追い込まれたリチャード・
ニクソン大統領のように、オバマに対しても訴追の手続きが始まっている。
この弾劾のプロセスには数ヶ月の時間を要するが、オバマ政権の終わりに繋がる
可能性は極めて高い。

これについては、イギリス一般紙:デイリー・テレグラフなどでも詳しく報じ
られている。
http://blogs.telegraph.co.uk/news/timstanley/100166854/the-fast-and-furious-scandal-is-turning-into-president-obamas-watergate/

オバマは、明らかにヴァチカン勢力であるP2ロッジと組んで新しい国際金融
システムの始まりを拒んでいる。



欧州に残された選択肢】

先週ホワイトドラゴン関係者が、日本銀行フリーズされている7000兆円の
凍結解除に向けて協力を得るため、その資金を凍結した大元であるBIS(国際
決済銀行)と繋がるヴァチカンイエズス会代理のもとに赴いた。
日本がその7000兆円を使えるようになった時にローマ教国家を含め世界の
未来にどれ程の可能性が生まれるのか、またそれに伴う様々な具体的提案を
携えたのだが、結局その話は門前払いとなった。
しかしこれで、ヴァチカンの本性は明らかになった。彼らは世界人類の未来を
考えることよりも、自らの世界制覇の計画の方が大切であると考えているよう
だ。こうなれば、ヴァチカンの上部組織である悪魔崇拝組織P2ロッジを倒すしか
ない。


また、以上の話にも結局は関連してくるのだが、前号にて日本銀行欧州中央
銀行などを差し押さえるためのLien(留置権)の発動が遅れている理由について、
アメリカ裁判所からさらなる資料の提出が課せられた為であったことを報告
したが、現在もインドネシアシンガポールに滞在してその裁判準備を行なう
ニール・キーナン氏はこの件に関して、同時に他の対策も講じようとしている
みたいだ。

これまでにも繰り返し説明してきた通り、BIS国際決済銀行設立当時から、
基本的にお金を発行するための担保にはアジアの金(もしくは財宝)が使われ
てきた。そして、それはユーロが誕生した際も同じだった。そうした経緯が
あり、ユーロが発行されるようになった当初から、そのツケの支払いとして
定期的にインドネシアや他アジアユーロが配られることになっていた。
しかし欧米勢の考えでは、それは建前上のもので実際にそのお金が使われる
ことなどないだろう、と腹を括っていった。
ところが今、アジア勢が『我々には、その塩漬けされた資金を使う権利がある
ではないか』と主張を始めている。

そこでキーナン氏は、インドネシアなどアジアに納められたユーロ札の一部を
ヨーロッパの銀行に持ち込み、その真贋を確かめるつもりなのだという。
銀行がそれらのユーロ札を本物だと認めるのであれば、アジアに眠る兆単位の
札を全て本物として認めざるを得なくなる。そうなれば、国際金融覇権はおのずと
アジアへと移行する。しかし、もしそれらの札を偽物であると言って認めない
のだとすれば、ヨーロッパの銀行がアジアの金(ゴールド、もしくは財宝)
などを担保に取って、オモチャ同様の価値の無い偽札を発行してアジアに送り
込んでいたことが発覚する、とキーナン氏は言う。後者が証明された場合、
欧州中央銀行は 違法な貨幣を発行していたことになり、国際法上 ただでは
済まなくなる。

しかしキーナン氏によると、その前にロックフェラー一族の人間がアジア
滞在するキーナン氏のもとに赴き、交渉の場が設けられる予定なのだという。
そのため、そこで行なわれる話し合いの行方を先ずは見定めたい、と話して
いる。
少なくとも、キーナン氏が関わるこの問題が解決されるまではヨーロッパ金融
システムの凍結状態は続くと見られる。


ヨーロッパ金融システムがフリーズされているという事実は、日頃のニュース
からも確認することが出来る。これまでにプロパガンダ企業マスコミによって
報じられた「ユーロ危機のために注入された資金」の総額を電卓で計算して
みれば簡単に分かるはずだ。マスコミ報道をたどると、毎週のように5000億
ユーロ、1兆ユーロなどの単位で欧州への資金注入が発表されている。しかし、
その数字が有効なものであるならば「ユーロ危機」はとっくに終わっている
はずである。
ところが、「危機」は収束に向かうどころか、ギリシャに続いてスペイン
イタリアフランスなどが国家破産に陥るのも時間の問題となっている。

まやかしの発表をいくらしたところで、現実は何も変わらない。この30年間、
ヨーロッパは全体的に対外赤字を慢性化させてきた。欧州の中でも例外的に
黒字国であるドイツにおいては、汗水垂らして稼いだ自分たちのお金を怠け者
地中海諸国に対して提供するためには、その国々の絶対的な支配権を要求する
構えでいる。危機に陥る国々は、ドイツの厳しい規律を受け入れて支配下に入る
か、ユーロを離脱して独自の通貨へと戻るのか、その2つの選択肢しか残され
ていない。

ヨーロッパ以外の地域の国々は、地中海諸国の人々がとる夏の長期休暇を支援
するよりも、飢餓に苦しむ世界11億人の最貧層への支援の方が遥かに重要で
あることを知っている。



BISか人工頭脳か】

アメリカの場合は、また少々事情が異なる。これはロックフェラー一族の人間
から確認が取れたことなのだが、リーマンショック以降、やはりアメリカ
国内用のドルと対外通商用のドルとを分け、2種類のドルを発行していた。
だからこそ、これまで米連銀があれ程の大量のドルを刷ったと発表していても、
ドルの為替レートはあまり変わらなかった。しかし何度も言うように、アメリカ
も新たな独自通貨を発行し、さらには その新通貨をこれまでのドルに比べて
50%ほど引き下げない限り、この国の実体経済における国際競争力は復活しない。

この問題について、米連銀の裏にいる家族群れや軍産複合体の内部対立は日々
深まっている。先に述べたオバマと米国議会の対立などは、その1つの例に
過ぎない。その対立構図は非常に複雑だが、その中でも最も鮮明に見えるのは
世代間における決裂である。
今まで権力を握ってきたキッシンジャーやデヴィット・ロックフェラーなどの
老人組とベビーブーマー(日本でいう団塊の世代)を境とする若者層とが完全に
決裂している。


いずれにせよ、ロスチャイルド一族もロックフェラー一族もそれぞれにホワイト
ドラゴン関係者と和平交渉を始めている。しかしながら、ホワイトドラゴンに
しても、ロスチャイルドにしても、ロックフェラーにしても、いまだ資金を凍結
された状態のままである。
これについてはどの筋に尋ねてみても、その原因の大元はやはりBIS(国際決済
銀行)と、それに深く繋がるヴァチカン銀行なのだと聞かされている。しかし、
これらの機関が新たな国際金融システムの発動に賛成の意を示してもなお、資金
の凍結が解除されないというのであれば、問題はやはり悪質な人工頭脳もしくは
A.I.ということになる。

現在アメリカの株指数取引などは、そのほぼ全てがプログラムトレーディング
と言われる手法が使われ、コンピュータ取引プログラム、いわゆる人工頭脳を
駆使して行なわれている。イギリス当局筋によると、その人工頭脳の1つは
ニューヨークのJ.P. Morgan本社ビルにあるコンピュータにも存在し、その
人工頭脳が取引を行う場合には取引所のコンピュータに比べて常に0.5秒~30秒
ほど先取りして情報を処理しているのだという。これが勝負事であるならば、
前もって勝敗が分かっている上で賭け事をしているようなもの。つまりは八百長だ。

主のためにお金(数字)を増やす、という欲望をベースにプログラムされた
人工頭脳は、今も国際金融システムの中で進化を続けている。そして、人工頭脳
は現時点でも既に人間による制御が効かなくなっている、とも言われている。
もし「欧米危機」が解決されない理由がBISヴァチカンなど人間によるもの
なのではなく、人工頭脳だということになれば、一度すべての金融コンピュータ
の電源を抜いて停止させる必要が出てくる。その場合、もちろん世界中のATM
カード取引が中止となり、問題が解決されるまでの期間は現金取引のみが有効
なる。

しかし いずれの場合にせよ、当面の間は欧米の古い金融システムの空中分解
続くことに変わりはなさそうだ。

                   Benjamin Fulford

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright (C) 2017 コラム ニュースの裏 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]